bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



経食道エコー検査
昨夜、と言うか、本日と言うか、夜中の1時頃。吐き気で急に咳き込んで目が覚めました。

電灯をつけてみると、シーツ等にスプレーで散らした様に、としゃ物が散らかっています。量にしたら大さじ一杯くらいかな。

吐き気が強いので、手洗いに行ってみましたが、戻したのは、やっぱり少量。

今朝は9時に経食道エコー検査が入っていたので、昨夜は、ベンザリンを飲んで、22時には寝たのですが。
1時にいきなりそれで、ベンザリンはかなり強いタイプなので、ふらふらなのに、その後が眠れない。

睡眠バターンが一般の常識と違うので、7時に起きるなんて言うのは、真夜中みたいなものでして。

多分、私がおかしいのは、わかっていますが、仕事柄と、睡眠障害とで、朝迄覚めずに眠れた事も、睡眠薬無しで眠れた事もありませんから、もう、しょうがないです。

で、一応、病院の当直の医師の方に電話して、大丈夫と思うが、来て、検査の医師がダメと言う事もあるかも、と返事を貰って、寝不足でくらくらしながら行きました。

私も既に吐き気はなかったし、えらく早く着いてしまったのですが、一番に検査をしてくれました。何事なかったです。


どんな検査かと言うと。手術が決まった人にする検査で、喉に麻酔をして、胃カメラの要領で、エコー装置を食道から心臓に向けて、画像を撮ります。

普通のエコー検査は経胸壁と言って、胸から画像を撮るので、目安にはなるのですが、骨あり、筋肉あり、で、遠いので、鮮明な画像が撮れません。

経食道エコーは、食道は心臓の真裏にあるので、大変鮮明な画像が撮れます。手術する時は必須でしょう。

で、胃カメラは、胃迄入れますから、胃は感覚ないんですよ。
経食道エコーは、胃迄は入れません。食道の中から心臓を見ます。食道にはある程度、感覚があるんです。
気持ち悪いし、時々痛いし。

私はどうも血管が細いらしく、どのお医者さんも、看護師さんも、キツく縛って、考え込みます。で、候補は右腕に二ヶ所しかないので、どちらかから、採血、点滴管と言う事になるのですが。

点滴管は長いでしょう?俗に、血管が逃げる、と言いますが、真っ直ぐに入らない。針がうねるのか、血管がうねるのか知りませんが、えらく痛いんです。30分で終わる点滴なら、我慢しますけど、前日に確保される時等は、動きはしませんが、痛い!痛い!血管が逃げるので、どこかに当たっています!と、騒ぐ羽目になります。今
日は30分だったので、我慢。

家内は私の世話が出来るつもりでいるのですが、本日6ヶ月かかって~法定では2ヶ月迄に裁定する、と決まっていますが、お役所仕事なので、みんなで責任逃れして、結局6ヶ月かかりました~障害年金二級の人です。精神障害者手帳も、年金証書で、三級から二級に書き換えます。

そんな家内に私の世話は頭も回らないし、体も動きませんし。

結局、家内の手続き、私の検査や手続きは、自分でやらねばなりません。

今日は麻酔を使うと言う事で、家内が介護人として同伴する必要があったのですが、実際は、検査受けた私が介護しながらの、行き帰りでした。

で、経食道エコー検査は、意外に痛いし、気持ち悪くなりますです。代金は勿論保険で6500円くらいでしたよ。

月曜日には3つ重なっています。

9時20分から、胸腔CT
これは10分あれば終わります。付き添い家族は要りません。

10時~外科執刀医師の診察と説明があります。これは家族がいないとダメです。
11時頃から、自己血採血があります。これは家族は要らない。

ので、家内は10時に来て貰い、診察が終わったら、帰します。途中で倒れられたら、心臓切る私が、家内を何とかせにゃなりません。

今が一番データが悪くて、何かと疲れたり、苛々したり、の私の状態ですから、家内の介護に明け暮れる毎日で、充分、負荷とストレスが溜まりますので、遠くから、具合の悪くなった家内を自宅迄連れて帰るのは無理ですね。

手帳の書き換えの為に、写真が必要です。昨年、それを見越して、多めに撮影しておきました。家内の写真です。

大事なものは、この中に全部入れた!と、言い張るのですが、ありません。

本人が、大切なものだから、等と、ある時考えて、違う場所に奥深くしまい込み、二度と出て来ない状態です。

探しても、自覚なく、奥深くしまいこんでる筈だから、幾らでも無いから撮影しておいで、と、何度も伝えて、やっと無意味な探し物を止めた、と言う状態ですから、あてにする方が間違っていますし。

24日に、区分認定の判定委員会がありますから、23日迄に、書き換えの手続きをしないと、家内の手帳は三級にされてしまうのです。

手続きは勿論、入院、手術直前の私が行くしかありません。

切る直前の心臓抱えて、かな利しんどいんですが、役所の手続きは無理をしても、1日でも早くしないと、権利のある者が損をする様に出来ていますので。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック