bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日退院
実は、一昨日から、心臓カテーテル検査の為に、循環器専門病院に入院しています。

難しい話はとりあえず置いておいて。心臓カテーテル検査をしたところ。私の心臓は、かなり良く動いているのですが。仕切りの大動脈弁は、既に石灰化しており、元々三枚目あるべきところ、二枚と動かない微小突起、と言われていたのが、様子が違いました。どうも一応は三枚目あったみたいです。で、カテーテルでもはっきりは
分からなかったのですが、小さめ?の出来損ない?が一枚あって、それが右側の弁に癒着してるみたいです。左側は無事です。全部石灰化してるのは、全滅です。

左心室と大動脈の血圧の圧力差は、正常な方はゼロですが、私は左心室に負担がかかっているので、外来の簡易エコー診断で、60あったところ。詳しいエコー診断で100くらい、と推定され、心臓カテーテルを入れたら、やっぱり100くらい、と分かりました。



つまり。さっさと手術をして、石灰化した癒着なんかしてる弁を、ちゃんとした形をしている、セラミックの人工弁に交換しましょう、と言う事です。

こうなると、専門病院は早いです。この病院自体は、今回症状を感じて、検査が決まってからの通院、入院、検査ですが、子供の頃から、とある循環器の得意と言う、大学病院の主治医にかかっていて、定年で、再就職されたのが、今の病院の外来専門クリニック、数年前、他界され、今の主治医に、しかも、今の主治医も、最初にか
かっていた大学病院で、最初の主治医とは、先輩、後輩でした。

40年来のお付き合いです。カルテはどうかな?法定5年でしょう?今となっては、分からなくなってしまった事もあるのですが、最初の主治医について、大学病院からこちらに移り、私は良かったと思っています。
来週の木曜日にはカンファレンスがあり、金曜日には外来を受診して、その日にもう手術の日取りが決まります。

循環器専門病院ですから、他の科は無い訳ですね。
小児科、大人の方で、生活習慣から、途中から循環器の病になった方の大人の科、あと、リウマチ関連はあると思いますが。

先天性の患者は、大抵は、心臓のどこかが奇形です。だから、60歳になっても、主治医は小児心臓内科の医師です。私もそうです。

心臓カテーテルくらいは、知識のある、小児心臓内科の若い医師がしてくれますが、人工弁置換は、理由は違いますが、途中から心臓病になった、ある程度年輩と言うか、お年寄りの患者が多いので。

実際の執刀は、心臓外科医師がやるんですが、小児の心臓外科医師ではなくて、大人の心臓外科医師に依頼する事になるようです。

私が大人ですからね。大動脈の血圧自体はそれほど高くないので、人工弁に交換したあとの、服薬管理とか、検査なんかは、今まで通り、小児心臓内科の、今の主治医の所に通います。



最後に笑えない話がひとつ。
精神障害者手帳三級~実際は二級相当~の家内が、私の付き添い、面倒みるつもりで、やってきたのです。入院の日に。

入院した日なんぞは、いつ何の検査が回ってくるやら、医師が説明に来るやら、分かりません。そういうもんなんです。生命を扱っていますからね。

で、いつまで待つか分からないので、分からないとわかって、5分で、過換気発作もどき。

私のベッドで寝かせましたが、予定が分かる訳でも、早くなる訳でもないので。
ナースコールして、家内の状態を説明し、本来、家族が説明を聞かねばならんのですが、次に来院出来た時に、として下さり、帰していただきました。

昨日、私がカテーテル入れてる間は、ストレッチャー借りました。私のベッドは、カテーテル室に行ってしまいますが。

椅子で座って待っている、とか、頑張るのですが、あ、少し具合が悪くなってきた、休めるところを看護師さんか、ワーカーさんに聞こうかな、でも、横になれる場所はなかったな、あと五分で帰ってくるかも知れないし、忙しそう、頼みにくい、な~んて、ぐだぐだ考えているうちに、下手すると、座っている椅子から落ちます。発
作的に。

精神の発作は、てんかんの酷いのでもない限り、普通は生命に別状はありません。つまり、倒れられると、病院が迷惑です。

すみませんが、と、看護師さんとワーカーさんに頼んで、私のベッドがあった場所に、ストレッチャーで家内を寝かせて貰いました。

どっちが病人だか、分かりゃしない。

検査から帰ってきたら、家内は熟睡中。

私の世話をする、とて、なかなか帰りません。病院に長くいればいる程、自宅に帰る途中で倒れるとか、自宅に帰ってからおかしくなる、とかの確率が増しますから、うるさいくらいに帰れと言って、やっと夕方近くに渋々帰りました。

家内の世話は私がやらねば生活出来ないのが、現状。でも私、動けません。まともに。

さて。どうしますかな。今年一年は、私は遣いものにならんでしょうしねぇ。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック