bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



バタバタ
来週の木曜日に、私が心臓カテーテル検査で入院、土曜日退院です。

その間、家内は精神保健センターのショートステイを利用するのですが。

措置時代の名残の施設なんですね。自立支援法ではなく、都道府県の条例で存続してます。

何故かと言うと、当地方には、自立支援法の緊急一時保護枠で、精神障害者が避難出来る媒体が全く存在しないから。

知的障害者、身体障害者の方が、自立支援法緊急一時保護枠で避難出来るところはあります。うちの法人でも、常時枠を空けてあります。

精神障害者だけ、存在しないので、唯一の避難先はそこだけです。枠は二名しかありません。

都道府県単位で、枠が二名ですよ。市町村単位じゃないですよ。

で。措置時代の名残を職員さんも、規則も引きずっているので、面倒で、使いにくい事、この上ない。

場所は当然、ある私鉄の終点から、歩いて20分の山奥です。

明日、その施設で、家内を木曜日から受け入れるかどうか、の判断の為に、面接があります。

希望者が多数、ではありません。危ない事をしないか、実は入院させるべきではないか、実は自宅で一人で平気ではないか、を、職員さんが勝手に判断して、決める為、です。

精神科医師の診療情報提供書持参で、就職試験の面接に行かされる様なもんですね。

本当に緊急時、医師の診療情報提供書なんて、貰う暇はありません。電話でセンターに空きを確認して、本人さんをすぐ迎えに来てくれるくらいじゃないと、保護にならんでしょ。

で、内部会議をやるようです。空きがあっても、断れる理由がつけられないか、何やらやるんじゃないか?と、思ってしまいます。

しかも、審査には掛かる日数が決まっているらしく、部屋は空いてるのに、利用出来るか、ダメかの返事がくるのは、私が入院する前日の夕方。

ダメ、とか裁定出したら、家内はどうするのかね?

社会保険庁、しっかりして下さいよ。

ちなみに。
昨年11月に申請した、家内の障害年金の裁定も、いまだに出ません。

問い合わせする度に、延びて延びて。

一昨日、家内本人に応対して貰ったら、社会保険事務所の本部の回答が、今から3ヶ月半~4ヶ月、だったそうで、家内が電話の相手に、キレました。

法定では2ヶ月で裁定を出す事になっているんですよ。

2ヶ月が1年になったら、民間の会社なら、とっくに潰れますね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック