bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ショートステイ先がない!
しばらく更新をサボっていました。ドタバタだったんです。

来週6月3日~5日迄、私は心臓カテーテル検査で入院です。

約2ヶ月後、大動脈弁を、セラミックの人工弁に置き換えの手術をします。

入院期間は2週間の予定です。


最初は家内は自宅にいて、不調な時に、誰か家族が私のところに来ないとダメな時は、縁は切れていますが、私には実の妹がいますので、緊急事態ですから、頼むつもりでいました。


が。良く考えると、家内は精神障害者です。等級で言うと2級程度。手帳はイロイロあって、3級なんですが、丁度、ここ1ヶ月くらい、鬱状態がひどく、月に二回の通院だったのが、毎週になっています。

つまり、私が手術で動けない間、家内がどんな状態になるか、予想は不能と言う事です。

同様に、私も2週間で退院出来るか、切ってみないと、分からない。今まで手術の経験がありますが、常識の大体三倍時間がかかります。予後が大変悪いんです。

と言う事は、家内の避難先、夜、独りきりにならない場所の確保が必要だろうと思うに至りました。

様々なところに相談に行き、電話をかけ、考えました。

自立支援法には、緊急一時保護と言う制度があります。ショートステイの事ですね。

介護保険のショートステイは、もう現場も手順に馴れていますから、枠さえ押さえれば、すぐ使えます。

自立支援法でも、私は知的障害者支援が仕事ですから、緊急一時保護枠の利用が、勤務先の法人で対応されているのを知っています。介護者が急に逝去等と言うケースで、その日の夜から、職員体制を突貫工事して、結局1年近く、ショートステイで乗りきったケースもあります。

常時、法人は、ショートステイ枠を2つかな?空けてあります。法人の利用者の方が困った時に利用するケースが多いですが、飛び込みで、緊急一時保護が必要な方が見えたら、使えます。

確か、市の障害者福祉課?にも、一応登録?がある筈です。市の委託先、地域生活相談支援センターにも、情報は出ている筈です。

家内の状態が大変悪い場合は、入院しかないですね。家内は精神病院に入院、私は循環器の病院に入院。

限度額認定証貰っても、家内の避難入院には、10万円はかかるでしょう。

精神障害者にも、つまり、精神障害者手帳にも、緊急一時保護の制度はあります。知的、身体、精神、どれでも自立支援法上の制度は使える、と、法律に書いてあります。

利用の為には、障害程度区分の認定が必要です。介護保険の要介護度みたいなもんです。

手帳を持っているだけで使えるサービスも少しはありますが、大抵のサービスの利用には、認定調査、その上で、障害程度区分の認定が必要です。



少し話が飛びますよ。

ヘルパーさんを家内に入れたいので、と、既に4ヶ月、私が障害者福祉課と交渉しています。障害程度区分の認定が必要だから、です。その為には、障害者福祉課が認定調査をしてくれないとダメ。


サービスは本人給付ですから、家内がヘルパーさんが必要なら、家内にヘルパーさんが入る筈ですね。私のご飯をヘルパーさんは、厳密には作りません。実情と机上の法律とは、まあ、多少ズレがありますが。

障害者福祉課は、同居人がいる、つまり、夫がいる、と言う理由で、認定調査対象外、とずっと頑張っております。運用として間違いですが、当市は、家族がいたら、精神障害者にはヘルパーは入れない、と言う事のようです。

絶対間違ってますけれど、それが当たり前になっているので、プロの私がワーカーさんと交渉しても、埒が開きません。


が。介護者が心臓切ってる、と言うのは、普通は緊急事態です。緊急一時保護の為に、認定調査してくれないと困ります。

で、少し話が進んだか、に思えたのですが、又、座礁しました。

家内が利用している精神病院に入院するのがふさわしいのではないか?と言う話です。

入院は医療、治療です。入院費用べらぼうです。10万円単位でかかります。2週間で済んだとしても。医療費の三割+実費ですね。

緊急一時保護なら、自立支援法の、介護報酬の一割負担です。

家内と私は、税法上は別世帯。婚姻届けは出してなく、住民票上は、同一世帯にしてあります。私が世帯主、家内は同居人。

まあ、ちと面倒な書類だと言う事ですが、税法上別世帯なので、自立支援法の介護報酬の一割負担に、更に上限限度額がかかります。

本人、収入はゼロです。実質的な負担金額は、緊急一時保護の方がずっと安く済みます。

あれこれ調べて、障害者福祉課と談判していたのですが。

とんでもない事が判明。

当自治体、つまり、都道府県単位、ですが、自立支援法の緊急一時保護を実施しているサービス媒体が存在しませんでした!

市町村単位じゃないですよ。都道府県単位ですよ。

で、自立支援法外の、都道府県運営のサービス媒体がたった一ヶ所ありました。
ここに辿り着くのに、あちこち相談やら電話の嵐です。

そこに相談してみると、初回利用は1週間迄、様々な書類、医師の許可、見学、面接、と、就職試験並みの念の入れ方です。パスしないと利用出来ません。少しでも怪しい人は、病院に入院して下さい、と言う事ね。

何でも独りで出来る、精神障害者手帳を持っている人で、医師が治療上、その施設の宿泊を利用しても問題ない、と言う太鼓判を押し、かつ、診療情報提供書がないとダメ。

厚生労働省に、火をつけてみようか?と、ふと思ってしまいます。

何でも出来たら、避難先は要らない。病院は高額、病院迄は不要、と言う人が使うのが、ショートステイです。

介護保険なら、介護者の休養でも使えます。家族介護が原則じゃないから。
自立支援法でも、少なくとも私が関わっている仕事上は、ショートステイは気軽に使える制度です。枠の空き、埋まり、はありますが、困っている人は、何とか解釈して、何らかの方法で保護します。

都道府県単位で、サービス媒体がない、は、かなり驚きましたよ。

ここ、田舎ですが、一応政令指定都市です。

さて。どうしましょうか。
私ね。今、既に、少し無理すると、息苦しくて大変です。心臓のデータ、一番悪い時ですから!

仕事の方は、ブルーカラーと言う事で、診断書で休職出来ましたが、毎日何をしてるか、と言うと、家内の介護。

うーん!

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック