bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



禁煙外来
心臓が悪いヒトは、煙草吸っちゃいけません。
手術をするヒトは、少なくも術前1ヶ月は、煙草を止めないといけません。

これは常識ですね。
常識なんです。

ワタクシ、皆様、ご存じと思いますが、喫煙者です。循環器の検査を子供の頃からずっとしているのに、何故か医師から、指摘されて、叱られた事がなくて。

私が若い頃は、女性の喫煙者の方は少なかった気がしますが、男性は結構居まして。煙草のCMも普通に放送されていたし、箱に忠告も書かれていませんでした。

今より煙草の害をみんなが知らなかった時代です。

なんで吸い始めたのか、は、もう覚えていませんし。
当時、私が吸っていた銘柄は、今はもう、煙草店に行かないと販売されていません。強い煙草が多かったです。

ニコチン、タール表示が少なければ、健康に与える害が少ないか、と言えば、そんな事はないのも常識ですね。消費者団体が検査してみると、表示の含有量と、大きく食い違うと言うのも、常識です。

じゃ、今からすぐ止めれば良いのですが、これが人間が煙草を発見した理由でありまして、習慣性、依存性が強いんですね。刺激で気を紛らすのかも知れませんな。

チョコレート然り、酒然り、大麻然り、コーヒー然り、です。

チョコレートとコーヒーはカフェインですが。チョコレートはまあ、依存する程ではないでしょうが、食べ過ぎが続けば、太るかな。中性脂肪とか。

精神科の症状の重い患者さんは、ほとんど例外なく、ヘビースモーカー、コーヒー好き、です。家内も然り。びっくりする様な量のコーヒーを1日に飲みます。不調の時程激しい。

私はコーヒーは別に渇望する事はないんですが、家内は精神薬にカフェインは良くないし、1日に飲む量が半端じゃない事は自覚していて、渇望と葛藤している時があります。

喉が渇いて、水分補給、じゃないんでしょう。カフェインを体が渇望するんでしょう。

煙草は依存性が、カフェインとは比べ物にならん程高いですね。だから、最初から、煙草には手を出すな、と言われる訳です。

煙草は気軽に吸えない時代にもなっています。

が。煙草は依存症なので、根性では普通はやめられません。今まで、私は止めよう!と余り思った事がないのですが、根性でやめられるシロモノだったら、人類は、煙草を製造しなかったでしょう。

コカインの元?のコカの葉っぱを噛む習慣がある民族の方もあるそうです。狩りや戦いの前に噛むらしいですが、それを精製すれば、コカインですね。

コカインは、シャーロックホームズが常用してますから、少なくも19世紀初めくらい迄は、煙草の様なもので、刺激物として、存在したのでしょう。

シャーロックホームズは、コカインは注射で常用しています。架空の人物ですから、害はありませんが、相手役のワトソン医師は、度々ホームズに忠告しています。本の中ですが。



で、鬱状態の原因は、そもそも心臓がマックスに近づいて来て、悲鳴を上げているところに、気付かぬ私が肉体労働を続けた為に、精神的に追い詰められて、鬱状態になってしまった、と、どーも考えられるのです。

現在は、精神科の医師も、私本人も、精神的な問題は、ほぼ解決、それより心臓の方が重大、と言う見解で一致しています。鬱状態と言う事で、一時的に薬の量をかなり増やしたら、反動で、副作用が酷くなり、半量に減らした経緯もあります。

ですから、気軽に、禁煙外来に行こうと思い、家内にちょっと話しましたら、真剣に止められました。

煙草、止めちゃいけない、と言う事ではなくて、私も軽い様には見えるが、精神科の患者で、現実に精神科に通院しているのだから、と言うのです。精神科の医師と充分相談しないと、心臓を切る時に、精神状態不安定、禁煙は出来ていない、と言う羽目になったら、目も当てられないからと。
精神科の医師にも、禁煙から生ずるストレスの管理をして貰う必要があるのではないか?まず相談して、支援が受けられる様にしてから、禁煙外来に行け、と言う事です。

なるほど。

流石、と言うと、変ですが、長く精神科の病で、苦しんだ人の言葉には重みがあります。

来週、精神科に行くので、まず相談してから、禁煙外来に行こうと思います。成功するかどうか、は、自信ないんですが。

幸いに?我が家と職場の途中に、個人のお医者さんで、元々は呼吸器の専門、と言う先生がおられます。禁煙指導をされています。

診察、相談は、保険診療ですが、補助剤、パッチ等は、全額自費ですね。ED治療もそうですが、肝心なところに、健康保険が効きませんね。

市販の禁煙グッズも、薬局に山程ありますし、家内も色々持ってます。ガムやらパッチやら。これらは煙草と併用したら、意味ないんです。ニコチンの量が、ガムの分だけ増えるだけ。完全に禁煙して利用しないと無駄なんです。

それが自分で出来たら、人類は煙草を製造していないので、途中で挫折して、つい吸ってしまい、医師に怒られながら、が、一番良い様に思います。私はね。

肺の病気のリスク云々より、心臓が止まっては困るでしょう?普通は。

昨日、分泌不足の管理をして下さる主治医を受診したら、前回からあっという間に行ったので、どうした?何かあったか?、と言われてしまいました。

はい。ありまして。と、心臓の状態を説明すると。それはまずいんじゃないか?心臓が止まるよ、と。

そうですね。歩いただけで苦しいですからね。

だから、禁煙はしないと良くないとつくづく思う訳であります。

書いたか忘れましたが、分泌不足を補う、ドイツ製のデポ剤については、意見を貰って来ました。その上で循環器の主治医と相談して、いつ、どう使うか、決める事にしました。

医療とは、専門医のチームによるものだと、私は考えています。心臓が悪いから、循環器だけ行けば良い、とは考えません。

私の体はひとつで、その中で色々なものが循環して、私の生命が保たれているのです。



だから、早く、禁煙しないとね。ダメですね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック