bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



研修生
今日は晴天。洗濯して、家内の布団を干して、掃除して。何故か夜中にポトフも作ったり。

昼迄は眠ってました。

午後になり、ホームのそばの内科に、睡眠薬を貰いに行きました。精神科で貰う分で、処方制限のあるものがあり、それは先生黙認で、市の違う、ホームの近所で追加を貰ってます。

それを貰いに行って、オペなので、休職中な事をお知らせして、大丈夫ね?顔だけ見せて!と、薬だけでも良かったんですが、一応、先生の顔を見て。

どこで切るの?と、医者はみんな聞くのは、何故かな?答えると、循環器の総本山な病院なので、あ、そう、じゃ、寝る薬だけで良いね、と、三秒で診察室出ましたけど。

それからレンタルビデオ屋さんにDVDを貸し借りに行きました。

新人さんは、研修生と言うカードをつけています。店長さん以外は、多分、全員アルバイトの方でしょう。時給幾ら、で働く形態でね。

そこに定年退職かな?早期退職されたかな?と言う感じの年齢の方が、研修生のカードをつけておられました。

良く最近、初老の感じの男性が、マクドナルドとか、セブンイレブンとか、イロイロな所で働いておられます。

失業率が凄いそうですが、凄いなあ、と思います。

初老の男性だったら、何らかの仕事をしておられた筈でしょう。かなりの地位にあった方もあるでしょう。
でもね。しっかり働いておられるのです。奥様がいるかも知れないし、子供がまだ成人してないヒトもいるかも知れませんよね。

うちの家内が入院前に一緒に働いていた男性、の話しを思い出しました。

初老の男性だそうです。
ご自分は、所謂管理職の立場でないとイヤと言う、価値観の方だとか。

求職者が来ると、上から目線で、今のご時勢、今までの給料が貰えるとか、今までの身分が保証されるとか、ボーナスがあるとか、そういう浅はかな考えで、面接に来られてもねぇ~、とかやる方だったそうです。
で、その方が、職を失われた訳でありました。事情はともかくとして。

このオレが何々みたいな、仕事が出来ると思うか?少なくとも、部長以下では働かないよな、とお考えの方だったそうです。

その方が、介護の仕事が今、人手不足で、待遇が良いらしいと、とある福祉の仕事に応募されて、怒り心頭の様子で、家内に愚痴を言った?メール?電話?と言うのを、思い出したんです。

このオレが入ってやるんだから、当然施設長が最低の待遇だろう?家政婦の真似事させるなんて、あり得ない。その場で蹴って帰ってきたよ。世間には常識のないヤツが多い。福祉のヤツなんか、みんな馬鹿ばかりだ、と弾丸トーク?弾丸メール?だったらしいです。
家内の話しですから、尾ひれがついているとは思いますが、その方は、何のスキルがある、とか、何が出来るか、とか、仕事に対する情熱とか、割り切るなら割り切るで、仕事にはクールにとか、まあ、初老の男性なら、何かがあるんじゃないかなあ、と思うのですが、その方は役職が大切な価値観の方なのでしょうね。職種とかはな
んでも良いのかも。部長待遇の仕事を探していたのかも知れませんし。



そんなのを思い出しました。このご時勢、格好をつけて居ては、生活が出来ない、と言う事もありますよね。

丁寧な応対をして下さいました。馴れておられないみたいで、ひとつずつ確認しながら、でも、堂々と。

素敵だなあ、と思いました。

福祉のヤツは常識がない、みたいな弾丸トークだか、メールだかになった時に、家内は私が介護屋で、現場で、役職もなくて、でも本人は満足しているし、と言う様な事を、何だか知りませんが、大喧嘩したらしいです。

仕事に貴い、下品、は、ないでしょう。多分ね。自分が納得出来て、その仕事が出来て、それなりの収入がまあまああって、社会常識を持って生活出来れば、それで良いんじゃないかなあ、と思ったりします。


借りたDVDは面白そうです!楽しみに見ようと思います。

今は帰り道で、飲食店で、珈琲飲んでます。


関係ないですが、お隣の席は、ホストさんと、知り合いらしきキャバクラで働いているお嬢さんです。

仕事に貴い、下品はないんだけど~

ホストさん、椅子と言うか、ソファーと言うか、その上に靴脱いで、足を上げるのは、ちと止めて欲しいかな。

テーブルの上に靴下がのってますよ~

ここは、郊外の田舎街。時間は今17時。私服のホストさんと、キャバクラで働いてるお嬢さんねぇ。

お休みの日かも知れませんね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック