bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



資金調達と、昔の地元巡り
手術にはお金がかかります。私は協会健保ですから、限度額認定証を今、請求しています。

だから、全額一度立て替え払い、と言う事は無いのですが、小銭では済みません。

ちとまとまった資金は、実家のあった所の近くの、信用組合やら、信用金庫やらに寝ています。母の相続以来、手をつけていないです。やたらに使うものではないですしね。

なので、本日は天気も良いし、なんとなくその気になったので、えっちらおっちら、電車とバスを乗り継いで、10年ぶりくらいに、実家のあった周辺を、うろうろする事にしました。

あ。私、家族は家内だけです。実家に住んでいた筈の父とは、もう遥か昔に縁が切れ、多分、まだ生きているとは思いますが、どこにいるやら、知りません。妹とは、メールアドレスだけ分かるので、メールで連絡は出来ます。こちらの住所が変わった時等は、アドレスに連絡しますが、返事は来ません。血の繋がった家族とは、もう
とうの昔に縁が切れたので、会う事も、電話をする事もない。

そもそも、父の今の住まいを知りませんし、妹も、私が知っているところに家を建てたので、多分、そこにいるんじゃないかな?と言う程度です。甥が生まれたのは知っていますが、その後妹や弟が生まれたかどうか、も知りません。

甥は中学生くらいかな?多分。まだ小学生かも知れません。分からん。

実家のあった所には、母から私が相続した、地面は確実にある筈ですが、古屋の建物がどうなったか、も知りません。

こんな状態なんで、昔の地元に行く理由も用事も無い訳です。昔、親御さんが、気に入らない子を、家族の戸籍から外して、どうのこうの、と言うのがありましたね。大昔は、それで家長が勘当出来ましたが、今は戸籍を分籍しても、法的には何の意味もありません。
なんですが、まあ、私の家族だったヒト達、と言うか、世間にはイロイロありまして、私が自分で家族の戸籍から、私独りを分籍してから、何年になるかな?15年くらい?

母とは縁が続いていたのですが、数年前他界しまして、その前から入院を長くしていましたから、病院さんに顔を出す事も出来ず、見舞いには行けませんでした。

危篤になって、連絡が来て、諸事情で、私がその夜付き添いをしたところ、朝迄もたずに、他界。なので、残った家族は看取れなかった訳でして、なんで私に、その夜、付き添いをさせたのか、今でも悔やんでいると思います。

看取ってしまったので、行き掛かり上、通夜、葬儀に私を出席させるしかなくなり、通夜と葬式には、一応出ました。式場でやったので、父の住まいの方は知らん訳です。

その後の法事、彼岸、なんかは、勿論連絡自体が来ませんから、今は何周忌なんだか見当がつかない。

遺産分割協議書は郵送されてきました。法定通りの相続配分で、父が半額、私と妹が残り半分を半額ずつ。

で、実家のあった場所の地面と、ちとまとまった現金が、私のものになった事がわかったのですね。

建物はまだあるかも知れないし、壊してしまったかも知れませんが、母が長く入院している間に、父は実家を引き払っている筈?なので、何故、地面が私の名義に残ったのかも、さっぱり分かりません。

これから手続きに回る信用金庫の類いの名義変更は、苦労しました。他意はなかったと確信していますが、通帳だの、証書等は、遺産分割協議書の封筒に入っていなかったんです。

遺産分割協議書と、私の身分証明書だけで、しかも、書留のやり取りだけで、新しい通帳を作り、名義と住所、印鑑を変更するのに、年単位で暇を食いました。父もうっかり忘れただけ、と思いますが。

それから、まあ、いくばくかの時間が経ちまして、当時の支店があるかどうか、統廃合されているなら、統廃統先はどこになったのか、地元の電話帳でもないと、調べようがないんで、えっちらおっちら、やってきた、と言う訳です。

2つありましてね。
ひとつは、別の支店に吸収合併されているのが分かりました。

もうひとつの信用組合が、そもそも、組合自体が存続してるのか、が、電話帳で出て来ません。潰れたら連絡来ますから、別の金融機関に吸収されていても、吸収元がある筈です。

うーん。

駅前の交番で聞いてみようかなあ。意外に知っているかも知れません。知っていたら、教えてくれるでしょう。

幾ら小さい信用組合でも、どこかに吸収されたらニュースになる筈なんだけど?
名前を変えたのかな?

ま。もう少し、公衆電話にある、地元の電話帳めくってみますね。

あ。私が家族と縁がなく、天涯孤独で暮らしていたには、非常に面倒な、ながーい話が勿論あります。

が。金銭トラブルの類いじゃありません。家族も私も多分両方悪くない。両方、誠実だったと思います。宗教、占いの類いでもないです。

誰も悪くないのに、縁を切らないと、お互いが平穏な人生が送れない。

そんな家族もあるのです。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック