bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



心臓の人工弁置き換え手術
折角、主治医に色々説明して貰ったので、お目汚しに書いてみます。

かなりポピュラーな手術で、年配の方には、高血圧等で、弁がやられてしまい、置き換え手術する方、結構おいでです。

私は先天性の大動脈弁の不具合ですから、成人病からなる方とは、少し原因が違いますけど。

まず、心臓カテーテル検査と言うのをやります。何を調べるか、と言うと、左心室と、大動脈との血圧の差を正確に計ります。

弁の形状、動きも見られます。

超音波検査も少し詳しくやります。普通の超音波検査は経胸壁と言いまして、胸に機材を当てて調べます。心臓の表側から見るのです。
経食道壁と言うのがありまして、胃カメラの様に、食道から機材を入れて見ます。心臓の裏側から見る事が出来ます。

心臓カテーテルは麻酔でやります。足の大腿部の太い動脈から、心臓迄、血管の中を通して行くのです。検査終わって6時間くらいは、患者は動けません。

こんなんを、来月やる訳です。

で、弁の不具合、つまり弁不全で、カテーテル入れないと、と言う場合は、大抵、手術前提です。私も主治医の計画は、手術でした。
緊急性のある方、生命が危ない方は、すぐ手術になりますが、カテーテル検査と、人工弁置き換え手術とでは効率が違うので、もちそうな患者は、手術は順番待ちです。

私の病院では2ヶ月くらい。
8月くらいに、私の手術の順番が回って来ます。

その順番待ちの間ですが、私はデスクワークでないので微妙ですが、少し加減して貰って、一時復帰して良いそうです。多分7月1ヶ月は復帰出来ます。

走れませんがね。行動障害激しい人にはつけません。まあ、体が小さいので、今でもほとんどついていないので、何とかなるでしょう。

さて。手術です。

流石に全身麻酔です。

とても疑問だったのですが、心臓の上には肋骨がありますよね?内蔵を守る為にあるのですが、手術には邪魔ではありませんか?

邪魔なんですよ。

どうするか、と言いますと、お察しの通りで、胸骨を切るのです。胸骨とは、肋骨が生えている胸の真ん中にある骨ですね。

どう切るか、と言うと、骨は堅いので、ノコギリで切ります。大工さんのノコギリではありませんよ。心臓を切る訳にはいかないので、ある一定の堅さより柔らかいところに触れると、自動的に止まる、電動ノコギリです。勿論医療用。

心臓をいじる訳ですから、人工心肺を使います。私の病院では130シーシーだそうです。外に出す血液は少ない程、影響が少ないのです。コップ一杯より少ないかな?

輸血すると、最近は、何やら感染騒ぎが多いので、私の病院は無輸血でやります。感染の心配はないのですが、貧血の値が、がーっと下がって、凄い貧血になります。戻るのに大体3ヶ月。そのくらいは少し軽めの仕事が望ましいそうです。

手術室占領する時間は、なんと!一時間ちょっとです。今、早いですね。驚きました。

術後2週間は入院、退院して2週間後に、術後健診、その後は、仕事に復帰出来ます。

3ヶ月すれば、術前より状態が良くなるので、元気に働ける、と言う事でした。
身体障害者手帳は出ます。人工弁置き換えと、ペースメーカーは同じ扱いで、一種一級です。家内の精神障害者手帳は三級。家内は労働は不可、私は普通に働ける、でも、私の方が重くなる。

法律って、不思議ですね。

場合と症状によっては、主治医の判断で、障害年金三級が受給出来る場合もあるそうです。私はどうかな?高血圧ではないので、普通に働けるつもりですから、無理かも知れません。貰える様なら、勿論貰いますよ。

そんなこんなで、技術の進歩は凄いなあ、と、実感した説明でありました。

ああ。人工弁は何を使うか、と言うと、私はセラミックです。再手術の必要がありません。その代わり、ワーファリンを飲まねばなりません。

生体弁と言うのもあります。成功すれば、ワーファリンは要りません。但し、拒絶反応の可能性と、10年毎の交換手術が必須です。

なので、高齢者の方は、生体弁もありますが、私くらいの年齢だと、セラミックが一般的です。

ワーファリン、飲み会わせのある薬、食べ合わせのある食べ物、が多いので、精神薬が欠かせない私には、ちょっとね、なんですが、精神科の医師に頑張って貰いましょう。

で、心臓の手術騒ぎ、家内の介護で、全然休養にならん、と言う状態なんで、これから精神科の医師に愚痴を言いに行きます。

薬は来週迄あるので、本日は愚痴だけです。

病院巡りは疲れますね。今夜は何もしないで、早寝したいと思います。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック