bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日は病院巡り
循環器の心臓カテーテル検査をしてくれる病院の方で、本日はクリニックの私の担当医師が外来に出ているそうです。

検査の日程は決まりましたし、費用も分かりました。普通は、人工弁置き換え手術になる事も知っています。

どうしても分からないのは、担当医師は私をどうするつもりでいるのか、と言う事です。

検査しましょう、は、分かりましたよ。でも担当医師は、手術になると思います、とは言わないのです。今後の策を考えましょう、と言います。

これには勿論、専門医ならではの慎重さもありまして、カテーテルを入れてみないと、私の血管の中の、生まれつきの異常がある弁や、心臓そのものがどうなっているか、超音波検査だけでは、実は分からないから、だと思います。

それは理解出来るのですが、知りたい事、分からない事が山程あるので、えーい!とばかり、病院さんに電話をして、担当医師に相談をしたい事を伝えましたら、運良く、本日の昼が取れたのです。

なにやかにやで、私のメンタルヘルスもかなり落ちていて、薬は2週間分貰ってあるので、大丈夫なんですが、精神科の医師にも相談したい事がありますので、夕方、急遽予約を取りました。

循環器の報告をして、家内が今はネックですから、そんな愚痴を聞いて貰って来ます。



さて。検査をしてくれる、入院出来る病院の方に着きました。

なるほど。

私が普段検査に時々行くのは、外来専門のクリニック部門ですから、軽い人が多いのでしょう。

まず、窓口の方って、普通の病院は、患者の名前を呼んで、患者の方が、あちこち動きますよね。

ここは循環器専門の病院です。入院出来ると言う事は、手術も出来る訳で、余り軽い人は居ない様子です。
窓口の方は、小さな声で患者の名前を呼びながら、係員の方が探して歩いています。診察券には写真が入っているので、それを見ながら探しています。

車椅子の方、凄く多いです。大きな手術の後は、歩いてはいけないのでしょう。私と一緒に待っている若い方も車椅子で、ご家族が付き添っています。ワーファリンを受けとる話を、看護師の方としていましたから、手術されたのでしょう。若い人ですから、多分、間違いなく、先天性。

先天性で、この年齢迄、経過観察で済んだのは、運が良いと言うか、なんと言うか。ま。そろそろガタが来ていて当然かな。

若い方の手術やら、ワーファリンやらを見ると、何か気の毒です。弁不全だけが先天性じゃないので、赤ちゃんのうちに、大きな手術はしたけれど、その後の生活には支障なく、治った、となる人も結構いるんですよ。



で。やっと診察が終わりました。入院、手術が出来る病院ですから、お一人の診察時間が長めで、11時半の予約が13時半に呼ばれました。

結論としては。

心臓カテーテル検査をして、より正確なデータを取り、大抵は2ヶ月程度で手術、仕事に、やんわり復帰出来るのは、1ヶ月くらい。退院は2週間で出来ますが、すぐは動いちゃダメらしい。2週間後に検査に外来で行くそうです。

私の病院は無輸血前提で、人工心肺に繋いでやりますので、貧血が凄くなるそうです。

本調子になるのは3ヶ月くらいかかる、とか。

なるほど。

で、やっと自覚しました。今の時点で、私、呼吸が苦しいんだと思います。だから、ガイドヘルプだと、物凄く体力消耗するみたいです。

と言う事は、8月の始め頃に手術ですね。夏の手術は余り嬉しくないです。何故か、手術、と言うと、夏ばかりなんですが。

今まで、何回か、手術はしていますが、みんな何故か、夏でした。

カテーテル検査から手術迄の間は、やんわりと一時復帰は構わないそうです。

後は、鬱状態の様子によりますね。



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック