bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今日は休養です
昨日の夕方、精神科に行きました。
余りに更年期症状が激しくて、日常生活に差しさわりがありますし、メンタルヘルスも下がっています。
心臓も検査だの、手術だの、しなければなりませんし、その検査、手術の影響で、いつまで休職しなくてはいけないのか、見通しが立たない状態ですし。

精神科医は凄いです。
色々カルテをひっくり返し、私が前回もその前も「更年期が」と言っていますから、段々ひどくなっているのも分かった様子です。

結果としては、薬の調整をしました。
鬱状態ですから…
薬で、脳から出る伝達物質の足りない物を、補っている訳です。
セロトニンと言いますそうで。
それが多く出すぎてしまっているんではないか?と言う事になりました。
なんで多く出すぎてしまっているか と言いますと、メンタルヘルスが悪いから ですかね。
詳しくは知らないのですが、私の飲んでいる薬、セロトンなるものを、出す薬 ではないんですって。
出ないものは出し、多いものは減らし と調節する薬なんです。

それが1カ月ほど前にデポで体質補充の薬を入れたり(これは別のお医者さん。輸入製材です。しょうがないです。必要な量十分分泌されない体質なので)リフレックス15ミリ と言う薬を使い始めたり、と、体に少々ショックがかかる事がらがありました。

それだけでしたら、しばらくで治まったはずなのですが、そのあと、心臓の偽発作やら、検査で、悪いデータが出るやら、循環器に行ったら、左心室と大動脈の間の血圧差が、許容範囲をはるかに超えている事が分かったり、その結果、心臓カテーテル検査に入院が決まり、日取りは取れなかったり、多分、遠からず、心臓の大動脈弁を人工弁に置き換えの手術をしますから、休職期間はいつまで取れば良いのか、不明だったり、あれやこれやで、かなりのストレス、つまり心配事が出てしまった訳でありました。

本人は、それほど深刻に感じていなかったので、その分は、正直に体に症状として出るんだそうです。
本人が深刻に感じていれば、心に出ますので、そちらの方のフォローをするようです。

じゃあ、薬はどうしたか、と言うと、SSRIと言う種類の抗鬱剤に、ジェイゾロフトと言うのがありまして、平常時は25ミリしか使っていないのですが、100ミリ使っていました。リフレックス15ミリは1錠です。

どうもリフレックスにはセロトニン症候群と言う、が爆裂的な副作用を起こす事がないわけではないそうで、私のは、それそのものではないが、心配事だらけなので、セロトニンが、ジェイゾロフトとリフレックスで過剰に出てしまったかな?と言う事になりまして、ジェイゾロフトを減らしてくれました。

夜飲むと危ないので、1錠は昼間飲みます。
その代わり、不安をしっかり鎮めると言う意味で、メイラックスと言う、抗不安薬を2錠にしました。これは、寝る前に1錠飲んでいたので、増量です。

たったこれだけの事で、今朝、ぴたり!と寝汗が止まりました。
私の主治医、町のお医者さんにしておくのは、もったいないです。いつもそう思います。毎回、何か起こるたびに、一回で何とかしてくれます。

と言う事で、昨日は床屋に行き、更年期症状全開で、精神科に行き、で非常に疲れまして、夜も眠りは余りうまくなかったんです。断眠で。寝汗はかかなかったけれど。

なので、今日は、夕飯の支度だけはしてありますが、あとはごろごろとぼんやりしています。

心臓カテーテルの検査は、やっと日にちが取れて、昨日やっと連絡が来ました。6月3日入院、4日検査、5日退院。そのまま手術してしまいたいですが、余程緊急の方でないと、一度退院して、改めて手術の日にちを決めるそうです。
私はデータは悪いですが症状はありませんから、一度退院、改めて日取りを決める になると思います。

休職期間が切れるので、一時復帰してよいやら、悪いやら。これは、医師が検査してみないと分かりません。

現在、超音波のデータでは、「走るな」「重いものを持つな」「長時間歩くな」だそうですので、夜勤の介護屋で、かつ、ガイドヘルプがある と言うのは、どうも微妙みたいです。

ま、騒いでも仕方ないので、検査が終わってから、色々考えることにいたします。

あ。検査の結果、手術は不要でした と言うのは、これはありません。手術は必ず必要です。いつまでもつか、いつするか と言うのが、医師との相談になると言う事です。

ワーファリン飲まないと行けませんね…

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック