bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



内科の帰り道です
先日、10年振りくらいに、息苦しくなり、内科で心電図やら、血液検査やら、して貰い、何事ない、と判明して、本日、検査結果やら、紹介状やらを貰って来ました。

要するに、サボらずに、循環器に健診に行け、と言う事ですね。

普段は夜勤ばかりなので、主治医の診察日に、なかなか診察に行けません。12月に予約を取り、3月に予約を取り、自分が体調が悪い真っ最中だったので、遂に行けずに、二回キャンセルしています。

流石にそろそろ行かないとまずいですね。

時々書きますが、先天性の心臓病です。病名を書くと、凄く重そうに見えます。
大動脈弁膜症弁閉鎖不全狭窄

何か凄そうですよね。

凄くは無いんです。

心臓から体内に出て行く血液は、動脈血と言います。それを出している血管を大動脈と言います。
心臓に戻る血液は、静脈血と言います。心臓に引き込む血管を大静脈と言います。

動脈血は酸素を充分に含んだ、きれいな血液です。静脈血は使い終わった血液ですから、酸素は少なく、心臓で酸素を供給して、動脈血になるんです。

心臓には4つ部屋がありまして、左右に、心室と心房があります。どの順番で、血液が通って行くのか、忘れましたけど、最後に動脈血を体内に送り出すところに、大動脈弁があります。
部屋毎の境目には、それぞれ弁があり、流れる時は開き、逆流しない様に、閉まります。

大動脈弁も体内に血液を送り出す時は開き、逆流防止に閉まる訳ですね。

で、どことどこの部屋の境目だか、今一ついまだに良く分からないのですが、とにかく、私は、大動脈弁が一枚足りません。

正常には、三菱マークに三枚あります。私は二枚と、微小突起しかなく、突起は動きません。動かないと、どうなるか、と言うと、弁は開いたり、閉じたりする訳ですが、開き切らず、閉まり切らない、いつもドアが半開きの状態です。

これを弁閉鎖不全と言うそうです。

加えて、大動脈血の血管の出口付近の部分が、狭くなっています。血液がつっかかる訳です。広ければ、スムーズに流れますよね。心臓が気合い入れないと、流れません。

これを狭窄、と言うそうです。

つまり、弁閉鎖不全と狭窄の2つの不具合があるんです。

じゃ、どうなるか、ですが。

半開きなので、動脈血に静脈血が混じってしまいます。ちゃんと閉まらないので、動脈血が逆流もします。狭い部分があって、心臓が気合い入れないと流れないので、長年、それをやっていると、心臓やら血管やらが疲れてきます。

左の心房が、少し肥大しています。働き過ぎで、鍛えられて?大きくなってしまうんです。

気合い入れて心臓が働くので、心電図の山の部分が一般の方より高いです。高電位なんて言うそうです。

心電図で血液中の酸素の量が推し計れる部分があるそうでして、山の方じゃなくて、低い部分の方ですが、そこに、酸素が少ないよ、みたいな形が出ます。酸素を示すデータが低いそうです。

静脈血が動脈血に混じって流れていますから、体内の酸素濃度は、一般の方より、かなり少ないんです。

重症の方は、手術で、人工的な弁を設置します。そこまでは必要ないが、中くらい、と言う方は、血液が固まりにくく、サラサラになる様な薬を飲みます。ワーファリンと言う薬の名前を、ご存じの方もあるかも知れませんね。

サラサラにすると、血栓が出来にくくなるので、発作が起きにくくなるんです。血栓が詰まると、血管が破裂する可能性がありますから、死んでしまいますので。

私はごく軽症で、まだ薬も必要ありません。

が。こういう偽発作みたいなのが増えてくると、もう少し老人になったら、飲まねばならんでしょう。

医師からは、60歳くらい迄、飲まずに済むと良い、と、言われています。

血液には濃度があるんです。血色素なんて言います。ヘマトクリットと言う値と、いわゆる貧血値、こちらが血色素ですが、があります。

それが高くなる、濃度が濃くなる、血液がドロドロになりますと、血栓リスクが高まります。

私は別の体質で、外から薬剤を入れて、ある値を保っているんですが、その薬は濃度を上げてしまいます。

あちらを優先すれば、こちらが困る、みたいな状態で、しょっちゅう血液検査をしながら、暮らしています。

今回、慌てて、わかった事は、間違いなく、早朝は血圧が非常に高い事。これは今まで気付きませんでした。循環器の主治医に報告してきます。

更年期症状が今はひどくて、震えや、寝汗が凄いです。早朝、寝汗で起きて、血圧測るとびっくりする程、高い。

これが更年期によるのか、いわゆる早朝高血圧なのか、が、今一つ分かりません。

外から入れて補っている薬、つまり、血圧を上げたり、値を高くしたりする副作用がある薬は、実は4月の始めに入れました。年に数回、切れないうちに、補助が必要です。

それの影響なのか、も、私には分かりません。循環器の医師も、その薬の事は分からないので。

ちと特殊な薬剤で、実は、ドイツから輸入しています。国内では無認可の薬剤なので、健康保険が効かず、自費で払って使っています。だから、どこの病院でも補助して貰える訳ではなくて、その分野の専門先進医療をしている病院で、医療を受けています。

そんな特殊な薬の事は、循環器の医師には分からないし、そちらの医師は循環器が分からないし、で、何だか綱渡りではあるのですが、両方ないと、私は生活出来ないんで、仕方ないですね。


要するに、健康が一番、と言う事でしょう。

でもまあ、心筋梗塞のデータはないそうなので、その点は安心しました。心筋梗塞は長く息苦しさが続く事があります。狭心症は鋭い痛みが短い時間で来ます。

心筋梗塞は血液検査で分かりますが、狭心症は分かりません。

数時間、息苦しさが続く、私の偽発作は、一見、心筋梗塞みたいなんですが、違うようです。

偽発作が増えてきたら、ワーファリンを飲む必要があるんだろうなあ。

ワーファリン、仕方ないのですが、怪我やら、何かの検査やらで、出血すると、止血がしにくくなります。かなり怖いです。内視鏡検査とか、出来ない事もあります。

だから、飲みたくないんです。

いつまで飲まずに済むかな?

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック