bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



引きこもり
先般、長期間、自宅に引き込もっていた方が、家族を殺傷する、と言う事件が起こりましたね。

引きこもりの問題は、実に厄介な問題です。友人の家族にも10年単位で、引きこもりをしている方があります。

非常に簡単に言えば、社会への適応障害ですから、精神科に入院してくれれば治ります。

問題を難しくしているのは、本人さんは、絶対に精神科に行かない、と言う事です。引きこもりの方、ほぼ100%行きません。

ご家族は、経済的にも負担ですし、心労も長年続きますし、心身共に疲れ果ててしまいます。

本人さんは引き込もって幸せか、と言うと、どうやらそうでもない様子です。

ですから、インターネットに熱中したり、家族に暴力を振るったり、通信販売でモノを買うのに執着したり、そういう事になるのでしょうね。

警察をしばしば呼ばねばならない、と言うこ家庭も多いようです。今回の事件のお宅もそうだったようですね。

適応障害の方、大抵、と言うか、多分全員、引き込もっている事や、働かずにいる事に、本人さんなりの、常識では理解出来ない理由、屁理屈があります。

自尊心だけが不当に高い場合が多く、社会が悪いせいで、外に出ないのだ、働かないのだ、と言う理屈が多いようです。

何かに失敗して、と言うきっかけの方もあれば、不登校から延々何十年と言う方もあります。

ついでに。私の家内の実の息子の一人も、中学生からもう15年は引きこもりかな。屁理屈は色々あるようですが、家内は手が出せませんけれど、父親、つまり、家内の戸籍上の配偶者、が、色々苦心しても、どうにもならないそうです。

身近にそういう家族を抱えている人や、養っている人が居ますから、あの事件は他人事には思えません。

そういうご家族がいる、と、相談を受ける事が、ごく稀にあります。専門外ですから、私には出来ないですけれど、自分が精神科の患者ですので、「家族通院を受け入れてくれる病院がない?」と話したりします。
本人さんが行かないと根本的にはどうにもなりませんが、家族を医師や医療機関が支えてくれれば、少なくとも悲劇は防げる様な気もします。

引きこもり経験者の立ち直りの為の会とか、ニートの人を雇う取り組みをしている支援団体とかは、かなりあるのですが、本人さん達は、頑として、そういうところには行きません。

精神科もそうです。行きません。引きずって連れて行かれても、家族と医師を恨んで、こじれるだけです。
じゃあ、民生委員さんに訪問して貰う、障害者福祉課、訪問医療ステーションの専門家に訪問して貰う、は、どうか、と言うと、自室の扉を絶対開けませんから、これも普通はダメです。訪問者が帰った後に、家族を恨んで暴力振るうのが関の山。

私自身は、自分が引き込もったり、引きこもりの家族があったり、の経験がないので、はっきりした事は分かりませんが。

ひょっとすると、家族が毅然として、本人さんを物理的に家の外に出し、経済的な面倒を一切みない、と言う荒療治が必要なのかも知れない、と思う事があります。

勿論、いきなり締め出したら、犯罪に走りますから、医療機関や、支援団体やらと、良く打ち合わせして、本人さんを絡めて行く様な体制が必要でしょう。

うまく網に掛かってくれれば、凸凹はあっても、何とか社会参加が可能になる様にも思いますが、なかなかそうはいかないので、社会問題化しているのでしょう。

潜在的な引きこもりって、累計でどのくらいいるんだろう?私のごく近しいところを見ても、家内の息子、ごく親しい友人の家族、と二人居ます。日本中では、凄い人数居そうです。

どういう訳か、傾向としては、男性が多いようですね。男性の方が、働かねば、のプレッシャーが強いのでしょうか?一度失敗した時の挫折感が強いのかな?

女性の引きこもりの方も、間違いなく居るんですが、男性よりは少ない印象があります。女性は扶養されて当然と言う気運があるのか、体力的に、男性よりは弱いので、本人さんは嫌でも精神科に連れて行かれる可能性が高くて、結果、良い方向に向かうのでしょうか。

引きこもりは、本人さんの我が儘、ではない、とは思います。性格が悪い訳でもない。一番不安を抱えているのは本人さんだろうとも思います。精神科医療が必要な病だとも思います。

とは言え、困り果てたご家族が、苦肉の策を取られ、その結果、ご本人がご家族を殺傷する、迄なりますと、相談を受けた、公的機関は、何かしないのか?と思います。

今回、ご家族が頼みにされたのは、警察でした。警察が家庭の揉め事に介入しない、出来ないのは、知っています。

縦割行政の中、何か犯罪を本人さんが犯さないと、精神科に措置入院に出来ないのも知っています。医療保護入院、医療措置入院、凄く厄介です。

生育歴、きっかけ、家族構成、家族の様子、色々なものが複雑に絡みあって、何十年の引きこもりの方を作ってしまうのでしょうから、それらの何十年をトータルで把握し、連携してサポートする様な体制がないとダメでしょうし、その体制の核になる責任支援員みたいな人が、長期間に渡って、本人さんと家族を支援していかねばな
らないでしょう。

そういうシステムは、今のところ、日本にはないと思います。

長期間の引きこもりの人には、必ず、経済的な支援と屋根があって、安全に快適に引きこもれる住居を提供している人があります。

乱暴に言えば、それが無ければ、引きこもれない。

そこらが鍵な様な気がしますが、じゃあ、どうすればすっきり解決するか、と言うのは、実は、私も思い付かないです。

引きこもり始めた初期に手を打つのが鍵、と言うのは分かりますが。

今回の事件の犯人になってしまった、引きこもりの方、長い人生、どう暮らして行くのかな。 

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック