bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ブランチに来ました
家内に果物と、少しサラダみたいなものを食べさせて、自分も同じものを食べて、それからブランチに来ました。

あ。あと、包丁を研ぎましたよ。下手なんですが、研がないよりはまし。

胃薬は諦めて、20ミリにしました。10ミリで貰っているから、2錠です。1ヶ月分ですが、20日くらいでなくなりますね。

26日に精神科に行くので、その時、制度外で同じ薬の20ミリを貰って来ます。内科の薬でも精神科で処方箋は切れるんです。三割になるだけでね。内科に行くのが本来でしょうが、再診料が2つかかります。

ブランチを食べたら、買い物です。家内はレトルトと冷凍食品は買いますが、野菜果物は買いません。

私はブランチと夜はカロリーメイトみたいなもの+茹でた野菜やら、切るだけで良い野菜やら、果物やら、なので、食べたら補充しないと食べる野菜がなくなります。

本日の予定は、林檎。家内は食パンと煙草が欲しいそうなので、それも買いましょう。

野菜も少し追加しようかな。

午前中はなんとなく何かしていますが、午後は私の電池が切れるので、寝ます。
夜は目が覚めて夕方なので、夕方のニュースなんかを小さいテレビをつけて聞いて~部屋は暗くしていて、横になって目を閉じているので、見えません~起きられる様になると、ごそごそ起きて、カロリーメイトみたいなものを食べて、シャワーでも浴びて。

で、調子の良い時は、家内とテレビ等見て~リビングのはパソコンに地デジを落としてあって、まあテレビです~

寝る二時間くらい前に飲む精神薬が大量にあるので、それを飲み、寝る前はかなりの量の睡眠薬を飲んで、又、寝ます。


鬱状態と言う事ですが、憂鬱な訳ではありませんで。鬱病、それも消耗性鬱病になる手前で、医師がドクターストップかけてくれて、休職出来たからですかね。
余り仕事の事は気にならなくなってきました。

最大の不安は、事務所側が精神疾患のなんたるか、に無知な事です。

復帰する時に又つまらない勘違いと誤解と邪推で、ごちゃごちゃ言われるのが一番困ります。

上司は、危険性が高い、と、言います。いつ再発するか分からない、いきなりパニックになったら危険、とか、訳の分からん事を言う訳です。

それが一番困ります。とても不安になる事、暫し。

胃潰瘍でも、肝炎でも、何でも良いですが、内科の病気だって再発する事はあるでしょう?ねぇ?

私の再発は15年振りです。しかも違う病気です。上司は15年前の病気が治っていないのに、隠して入って、遂に仕事が出来なくなった、と信じているので、厄介ですね。

多分、何かで強迫性障害の患者と関わって、とても大変な思いをしたんじゃないかなあ。

私は治っているんだ、今回の鬱状態は別件、と言うのが通じません。ちゃんと原因もはっきりしてますしね。

私の体感としては、何か慢性疲労症候群みたいな感じです。

さて。3ヶ月で仕事が出来る迄に回復するでしょうか。ダメなら又診断書を貰って、今度は健保組合の傷病給付金で凌ぐ、ですね。

家内の障害年金も、遅くても5月には出るし、揉めている生命保険も、幾ら何でもそろそろ出るでしょう。

休職して、今まで如何に疲れていたか、無理をしていたか、が、分かりました。職場が求めているのは、この条件で、体調を崩す事なく、文句も言わず働く、スーパーマンなのかも知れませんね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック