bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



胃薬を飲み始めました
昨日、内科に行き、胃薬を貰ったので、飲み始めました。

逆流性食道炎と言うのは、要するに老化です。高齢者の方に多いです。私はなりやすいたちだったのか、そういう形の胃をしているそうです。

逆流性食道炎、胃潰瘍専門の胃薬があります。三種類。そのうち二種類にはジェネリックがあるので、勿論ジェネリック指定で薬局に出して貰いました。

時々症状が出ます。多分疲れが溜まっている時でしょうね。

今回は鬱状態で秋から3月始め迄無理をしたつけかなあ?と思います。

医療費が凄いので、薬はジェネリックがあるものは、全てジェネリックにしていますが。

逆流性食道炎、胃潰瘍の薬で、ジェネリックがない薬があるんです。

パリエットと言います。これは本当に良く効いて、いつだか胃の調子が長く悪くて、胃カメラで検査して貰ったあと、パリエットをかなり長く飲みました。劇的に良くなりました。

余裕があれば、パリエットにしたいのですが、1錠20ミリだと薬価で390円します。10ミリで190円。

私が昨日出して貰ったのは、オメプラールと言う同じ成分の薬のジェネリックで、オメプラゾールと言います。10ミリを1日一回と最低量にして、1錠70円です。

私の逆流性食道炎は結構厄介で、どうも10ミリ一回では効きそうにありません。

鬱状態から回復したら治るかな?胃袋の形ですから、治る、と言うのは、胃袋の調子が普通で症状がない状態ですね。形は治らないから。

1週間、指定通り飲んでみて、ダメだったら、量を増やすか、パリエットに変えるか、又、内科に相談に行かねばなりませんねぇ。

鬱病って、気分が憂鬱と思っている一般の方、沢山おいでと思いますが、酷くなると、気分もジェットコースターみたいになりますが、身体症状が酷くなるのは、余り知られていません。

家内は精神障害者の状態ですから、ジェットコースターも身体症状も不定期にバンバン出ています。

その家内が初めて鬱状態になった私の面倒を今、見てくれています。

はあ。1週間頑張って指定通りに飲んでダメだったら、パリエットにしようかな。

昨日の会計、全て合わせて7000円だったのですよ。次に行く時は、検査はありませんから、そこまで行かないと思いますが、380円か、190円ですからね。パリエット。今のジェネリックを量を増やした方が安いかも知れない。

成分は似てるんです。ただ、パリエットにはパリエットにしかない成分が入っています。

病気になる迄、無理して働くものじゃありませんね。病気で休職なんて、長い労働人生、初めてです。



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック