bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日から休職です
精神疾患は本当に理解されなくて、福祉団体なのに、具合が悪くなってから、揉めに揉めて、やっと本日から、とりあえず3ヶ月休職になりました。

エライヒトは色々罵倒するのですが、うつ状態との事ですから、疲れ果てている時に矢継ぎ早に色々メールで聞かれると、勘違いもするし、邪推もします。

それをもって、判断能力がない、攻撃的、等と、エライヒトは判断するようです。病人ですからねぇ。

精神疾患経験者は、いつパニックになって危険な行動をするか分からないから云々、と、まだ言っています。

福祉団体として、精神疾患の方に支援を出す、普通に地域で暮らす、を実現するのも、うちの事業所では少しですが、やってます。

知的障害者が主ですが。

職員には精神疾患経験者は危険だから雇わない事が出来た、君は精神疾患で病気を隠して就職した、と、いつまでも言っています。

精神疾患経験者でも、薬は一生でも、治って、何事なく働いているヒトは沢山います。そういう場合は会社に告げる必要等ありません。

今、症状真っ盛り、バンバン不具合が出ていて、仕事に支障があるが、働きたいと言う場合は、それは会社に告げて、配慮を求めないとダメです。就業可能な場合ならね。

私は前者でした。様々な問題が重なり、うつ状態を発症、大昔の疾患は治っています。

それがどーしても素人さんには分からない。医師も一生懸命説明してくれたのですが、分からない。

加えて、うちの事業所には、休職して3ヶ月は給料が出る、と言う、誰も知らない就業規則がありました。
そういう制度があるんだから、いつから休みたいと相談すべきところ、いきなり診断書で今日から休みたいとは何事か、とも罵倒されました。そんな制度、一番古い常勤さんも知りません。

休んだら、家内は精神障害者ですから、即、生活が破綻します。休める状態じゃないので、倒れるギリギリ迄必死で働きました。

何も努力は認められませんでした。ただ毎回罵倒されるだけ。

でも辞める気はないんです。トップがそういう素人だ、と分かりましたから、それなりにぎょせば良いんです。

今の仕事、大好きです。

今は一日中寝込むしかなく、食事もまともに摂れないし、家内曰く、健康な時と明らかに様子が違う、病んでいるそうです。

ひたすら寝て3ヶ月は無理でも半年したら戻りたいですね。

経済的にはひっ泊しています。口座の-の嵐です。

何とかなるかなあ。手当ての付かない給料ですからね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック