bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



休業します
昨年秋から、体調不良で、様々な事件が起こり、どんどん精神薬が増えていたのですが。

何とか休まずに済ませようと、強い薬を処方してもらい、数か月必死で頑張りました。

余りに症状がつらく、また、職場の理解も全く得られないので、医師に本日(通院日でした)相談したところ、「もう無理。これ以上薬は増やせない。すぐ休みなさい」とドクターストップがかかりました。

明日、事務所に持参して、何もかも放り出して休みます。
その間は、少ない傷病給付金で何とか暮らしていきます。

とりあえず3か月だそうです。
それ以降は分からない。


うちは福祉団体ですが、福祉団体で、精神障害者の人にヘルパー派遣などしているのに、職場には全く理解がありません。健康な人と同じように働かされています。
職場に理解があったら、もう少し違った展開になったと思いますが、医師いわく、福祉団体のトップだろうと、何だろうと、素人には精神疾患の大変さは分からない。差別されるのがオチ。下手な説明しないで、「余りに症状がつらいので、通院日に医師に相談したら、もう働くのは無理、すぐに休みなさい」と言われ、診断書を持たされてきました で良いそうです。

こんなにひどくなったには、事務所が考えている全然関係ない勘違いがありまして、私は事実を正しく理解してほしいのですが、説明すればするほど、説明できるくらいなら、医師を丸めこんだに違いない、診断書はねつ造だ、休ませない となるにきまっているそうで。

今、診断書が出ているのに休ませなかったら、大変な事になりますから、休めます。やっと。

こんなになる前に、事務所が対処してくれていたら、休まずに済んだと思います。
事務所は鷹山の心がけや性格が悪いために、勝手に精神疾患になった と思いこむでしょう。

もうどうでもよくなりました。
休めればよいです。

不況の時代、どこでも人員削減やら、この業界なら、人気が無いやらで、人が足りません。その中で必死に働いた者が馬鹿を見た という事です。

みなさま、どうかご自分のご健康には十分注意され、こき使われて、体を壊さないようにしてください。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック