bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



帰り道です
観光地にグループで行きました。利用者さんは一人暮らし。高齢になってきて、お出掛けの予定を覚えていられないのか、ノック散々して起こしたら、寝てました。パジャマで、整容もせず、朝食も食べず。

何しにきたか?と聞かれ、本日はお出掛けである事を告げると、やっと思い出したようです。

集合時間に間に合わないですから、整容も朝食もカットです。

小雨の中、集合場所に着くと、どうも本日の目的地を楽しめそうにないメンバーさんもかなり居ます。

現地迄は何回も電車を乗り継ぎ、3時間近くかかります。飽きてしまうヒト、眠り込んで起きないヒト、飽きて大声でパニック起こすヒト、動物園の様な様子でした。

現地はどしゃ降り。小さな山の様な名所なのですが、由来やら、何やら分かるヒトは居らず、軽度の方が自分が行きたい場所に行けて、やはり軽度の若い方が水族館に行けたのが、救いでした。

私が一緒に行動した方々は、飽きてパニック起こす方と、何をやっても的確にするには通常の何倍もかかる方、全盲で、景色等は楽しめない重度の方。

全員の方が足元が危ないです。

全盲の方、怒りっぽいので、どしゃ降りの中、ずっと不機嫌、怒って無理ばかり言います。

計画してくれた方には申し訳ないですが、散々なお出掛けでした。

帰って、全盲の方の夕飯を作り、明日の朝食を作る迄、帰れません。

本日体調不良で、仕事をキャンセルした常勤の方がありました。利用者さんはお出掛けに行けませんでした。仕方無いですね。

私は1日風邪を引いて、すぐ治った訳じゃありません。医師から長期療養を勧められている病人です。

納得の行かない散々な1日でした。日曜日月曜日、丸2日寝込んでも、こういう無理をさせられると回復しません。

真剣に診断書貰って、3ヶ月くらい、傷病給付金で暮らす事を考えています。

病人が仕事が回らないだろう、と考えて、強い薬で必死で働いているんですが、配慮は全くしない、と言う方針だ、と宣言されているのが、悲しくなりました。

倒れて欲しいのでしょうかね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック