bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



しばらくお休みするかもしれません
全部説明すると長いので、割愛させていただきますが、職場に今、火が付いています。発端は2年前。発火したのは、秋くらいからでしょう。

家内の病状が悪化したのが、昨年の春くらいで、入院が夏、退院したのが1月、以来、家内も家にいますが、早い話状態が悪いです。医者のかかり方が下手くそで、治ろうとする意欲や工夫が感じられません。
それを毎日見ております。

と言うようなわけで、とっくの昔に治ったはずの強迫性障害(これ、私の持病です)が根底にあるところに、疲労困憊の状態が2年間 とか、家内も仕事も介護で、ダブル介護、等など、悪条件が重なって、遂に1カ月ほど前、主治医に、「診断書を出すから長期療養しなさい」と言われてしまいました。

私の状態も非常に悪いです。

で、その旨事業所に話をしたところ、怒鳴られまして(あ、メールです)「みんなが疲れている時に、自分だけ年休を使って、連休を取ろうとするな」とか「強迫性障害だと入る時に告知が無かった」とか、なんだか、事業所のせいで疲れ果てて、遂には倒れそう と言う状態なのに、こちらが怒られる羽目になっています。

まあ、何とかしぶしぶ「私自身の年休を遣いきる」と言う事で、3月には週休2日にして貰ったのですが、「うちは週休2日制ではない事は承知で入っているはずなのに何事か」とかも、怒鳴られましたね。(メールでね)

と言うわけで、体調は悪い、仕事は追いかけてくる(休めるのは3月に連休が取れるだけ、療養休暇は取れません。私が勝手に自分の都合で休む という形です。旅行に行くのと同じ扱いです。)、家内はいつも家にいて、色々とんでもない事をしてくれる で、疲労困憊、意欲減退、どうにもならなくなりました。

医師にはずっとかかっていますから、強いSSRIと抗鬱剤(抗鬱剤なんて、強迫性障害の頃は使ってなかったです。)3倍にして、強い安定剤2倍にして、必死で凌ぐ事にしました。

医師は今でも、診断書書くから休め と言っております。

休めない理由は長くなるので、割愛しますが。

ので、この日記、しばらくは書けないか、愚痴しか言わないと思います。(今でも愚痴しか書いていないんですけど。)


職場環境や、家内の病状がこのままで、3月に少しだけ週休2日にして貰っても、そんな事じゃ治りません。元気になるのは、いつの事だか、私にもわからない。

今回は、抑鬱状態と、不安障害が、強迫性障害の上に乗っている みたいな状態で、病名のつけようがないんですけど。
一般的には、鬱病とでも言っておけば?と医師は言いますが、これは鬱病じゃないのは私が一番わかっているので、鬱病とは言いません。

疲労困憊 が一番正しいかな。

みなさんは、私みたいに倒れるまで働いてはいけませんよ。

倒れるには、勿論訳がありますが、それも長くなるので、割愛。

ま、自分のせいじゃないです。周りの環境のせいかな。

で、自分勝手に年休を取る奴 と言う事になりました。

何でも良いです。倒れたら、利用者一晩も生活できませんもの。
倒れそうでも、倒れてはいけないんです。

こういう現場の方、たくさんおられるでしょうね。
大事にいたしましょう。

なので、しばらく更新ないかもしれません。
生きていますので、しばらくお待ちくださいませ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック