bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



その後
事業所もしっちゃかめっちゃかですので。

ファックスで、「3月、月曜日をGHを閉めて、連休をください。~私、医師から、診断書出すから休めと言われちゃいました。電話再診で~云々」とお願いをしました。

帰宅したら、「おまえは馬鹿か」(とは書いていませんよ)みたいなメールが来ていまして。

詳しい話をすると延々と長くなりますから割愛しますが、「そんな酷い言われ方をするなら年休は要りません。倒れるまで働きます。」と憤慨し、どんなに状況がひどいかについてしっかり説明するメールを送ったところ。

猫なで声のなだめメールがまいりました。
「誰が年休を取らせないと言った?」みたいなことから始まって、私が希望する休暇は全て承認する と言う意味の事が書いてありました。

又、怒りで震えてしまいました。

上司から最初に来たメールは、私がいかに浅はかか一方的に怒るメールだったのです。冷静さにかけていました。
で、その中に「自分の都合ばっかり考えないで、冷静になれ」とありました。

「酷いメールが来て憤慨したので、有給休暇は取らずに、倒れるまで働いてやろう と思ったから。冷静さをかいていたのは、○○さんでは?(上司)」と書き、メールでやり取りしていると、ろくな事はないので、「これで終わりにして、あとは3月のシフト票をくれればその通りにします」と書いて送り返しました。


医師のアドバイスで、手持ちの薬でましになりましたけど、十分ではありません。手持ちの薬は不足しているので、あと6日間何とか凌いで、来週の火曜日にはもっと強い薬を算段して貰ってきます。

私の病がひどくなったのは、職場環境と家内の介護のせいです。
今は家内の介護はできません。職場環境がとんでもなくなっているからです。

それを薬で何とかしよう と言うのは、実は無理なんですが、職場環境が変わらない限り、薬で持たせるしか方法が無い。

精神疾患、甘く見ちゃいけません。

精神障害者の人には優しい風潮もなくはないですが、(この業界ですからね。一般の方の場合は、さておき)精神疾患者には優しくない。

だって。

手帳もないし、見た目分からないし、ちゃんと仕事できるし。

なんできちんと仕事が出来ているか と言えば、通院服薬を欠かさず、休養を十分に取るように心がけ、必死で健康管理しているからです。

余りにしっちゃかめっちゃかで、上司も逆切れしたんでしょうね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック