bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



電話再診
どうにもならなくなって、今朝、自分の精神科に電話をしました。主治医に伝えておいてもらうつもりだったのですが、運よく診察の合間で、電話口に出て下さいました。

夜、眠れないのです。
眠れますが、浅く、短くて、そうそう睡眠薬って幾らでも飲めるものではありません。それでも平穏時の倍~4倍に増やしていますけど。

睡眠薬が強ければ眠れるわけではないのです。
現状のような仕事のどたばた等が続くと、夜になっても緊張や興奮が取れません。
よって、睡眠薬が効かなくなるんです。

それは分かっていますから、あと一週間何とか凌いで抗鬱剤とか、向精神薬とか、抗不安剤とかの調整をして貰おうと思って電話したのです。

今、平穏時の倍量の抗鬱剤、抗不安薬を飲んでいますが、飲む時間を変更する事にしました。まとめて夜に大量に飲むのです。向精神薬も倍量飲みたいところですが、手持ちは一日一錠しかありませんので、それは我慢。

で、肝心なのは、環境を元に戻さないと増えた薬は減らない と言う事です。薬は一時しのぎなんです。

今、2種類2錠飲んでも眠れない睡眠薬、平穏時は、1種類半錠で朝までぐっすり眠れます。

法人に何とかしてくれないと、全員倒れてしまう。
私は自分が倒れないために、3月はかなり(8日間も残っているので)年休を取りますが、他の人が倒れそうになるような休み方はしたくない と窮状を訴えるメールを出しました。

本当は理事長と面談して話すべき事ですが、とても事務所に行って、ある程度の時間じっくり話し合っている余裕がこちらにも、事務所側にもありません。

目先のボヤを消すのに、みんなが走り回って懸命です。ボヤ消した後の、事実解明とか、今後に生かす会議とか、持っている時間さえないんです。職員が慢性的に(現在常勤5名不足 全員で10名いるかどうか の事業所です。5名って全体の3分の1が足りない と言う事です。)不足していますから。登録ヘルパーさんも不足です。

でも、仕事の量は右肩上がりに増えています。それえ、勿論、みなさん困っているからサポートの依頼が来るわけで、どうでもよい仕事 と言うのはないのだけれども、窮状を利用者の家族に正直に伝えて、どうにかなる場合は、依頼を少し控えて貰うようなことはできないものか と思っています。

今働いている常勤、非常勤がいつ全員倒れてもおかしくない状況は法人は分かっています。
でも、利用者の事を考えると、仕事を断れない。

うちはNPO法人ですが、NPOは仕事を断っちゃいけない と言う事はないでしょう。

早く何とかしてほしいです。

医師のアドバイスには今夜の夜勤から従ってみますが、ストレスが強すぎて、効かないような気がする…
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック