bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ひとつ解決
殿様の発熱は、一時的な物でした。どうも、暖房の熱にあたったような感じです。
昨日夕方、ホームに帰ってきた時は、36.2℃で、普段と変わりなく元気だったとの報告があり、医者には行かせませんでした。

殿様はとにかく冷える人で、十分な暖房や、十分な衣服を着せても体は冷たいままです。
それが今年はどうも様子が良いのです。

とても申しにくい事なのですが、亡くなられたお母様が、冷え対策、健康対策として、大量のサプリメントを飲ませたり、西洋の医学は害毒であるとして、病院に(漢方薬しか使わない医者は稀に行きました。それから、族と言いますか、東洋医学の気の力で治療が出来る方がある として、その方に手をかざして貰ったりしていました。)行かせなかったり、薬を飲ませなかったりしていたのですけれど…

それをやめたのです。
病気の時には、医者にかかり、治療もし、薬も飲ませ、サプリメントと、手をかざして治療する 等の事をやめました。

殿様は、アレルギーがあり、ダウン症候群ですから、粘膜全体が非常に弱いです。それにも、何か所もの医者に連携してもらい、処置や服薬を続けています。

一年を通して、特に年末から春先にかけては、アレルギーと花粉症の両方で、鼻水がとめどなく流れ止まらない と言うのが当たり前だったのですが、今年からは、その為に服薬させたところ、ぴたり と鼻水は止まり、本人も非常に快適そうです。

親御さんの意向は無視できませんが、親御さんの考え方が偏りがあったり、損供を思うあまり過激になったり と言う事は、障害者の損供を持つ親御さんには、良くあることで、今までの事は仕方ありません。

そうして医療的な支援を十分に入れたところ、族存だかは、私は医療職ではないので分かりませんが、殿様の氷のような体の温度が上がってきました。
今までは35度くらいで、いつもいつも冷えていて、コート、マフラー、手袋、重ね着、万全に整えても氷のようだったのが、最其はそうでもなくなりました。

疲れるから歩かせないで と言われていたのですが、最其は、結構土日にサポートさんと歩いています。それも変わってきたのかもしれません。

些細な事で、本人さんの様損が激変する事は実は良くあるのです。

本人さんが健康で、快適に、楽しく暮らせれば、それが一番良いのです。親御さんの意向を守ることも大切ですが、私たちには介護族のプロとして、ノウハウがあります。気づきもあります。考えもします。



のんびりさんのお母様が、悪性リンパ腫で、入院されています。一年近く、通院しながら、服薬?したり、ちょっと手術をしたり、で、ごまかしてきたそうですが、(息子ののんびりさんが心配な為)、検査結果がもうどうにもならなくなり、泣く泣く入院されました。状態はかなり悪いようです。生命に別条がある型かどうか、までは知りませんが、治療には相当な時間がかかるでしょう。すぐに治療を開損しなかったため、年単位で時間がかかることが予想されます。

でね。

保護者懇談族というものが季節に一回ありまして、今回は、殿様のお父様、のん造りさんのお父様、が、初めて参加されたのですが…
異口同音に「グループホームがあって、大変助かっている。感謝している。」とおっしゃいます。

勿論、助かってくれるためにGHがあるので、構わないのですが、その裏には、族事もなければ、本当は家庭でずっと面倒を見たいんだ という思いが隠れています。しかたありません。
親御さんが本人を看取る事が出来るケースは非常にまれです。普通は親御さんの方が先にいなくなります。

そうなった時、本人の心の自立が出来ていなければ、本人はそのあと生活できません。
だから、グループホームなのです。
グループホームは、本人の生活の物理的な介護もいっぱいしますが、目的は、本人の心の自立です。

ホームも開設5年目に入りましたが、刻々と親御さんが体調を崩し、本人の介護が出来なくなってきています。本当は、そうなる前に、親御さん教育をしたかったし、してきたのですが、どうしてもそれは納得してもらえませんでした。

どうにもならなくなって、初めてグループホームがありがたい と思うようでは、実は困るのです。

ワンピースさんの保護者の方は、伯母さまなのですが、まだまだお若いです。ワンピースさんには、将来的には一人暮らしをして貰おうと私たちは思っています。彼なら、若いし、障害の程度もぎりぎり何とか一人暮らしが出来るところまで成長できると思うのです。今すぐは無理ですよ。支援なしで一人暮らし ではありません。

具体的に、こういう支援を族時間入れれば可能だろう と言うところまで考えています。

いつまでも同じ環境で、同じ支援で、とにかく事故が無いように、環境を変えずに一生同じメンバーで同じ建物で暮らさせたい と言うのが親御さんの素直な気持ちです。それは親御さんとして、当たり前だろうと思います。

が、それでは本人の為にならんのです。グループホームを卒業していく気構えが無いといけません。日中生活介護の施設に通所族十年 では困るのです。作業所、福祉的就労、一般の方とのクラブ活動、等、選択肢はいくらでもあります。

そのあたりを分かってもらうには、あと10年かかるかも。
10年経ったら、造とんどの利用者は55歳です。そこから人生のリセットが出来るのかどうか。


ひとつは解決しましたが、問題は山積ですね。
それを族とかするのが、我々プロの介護族の仕事でしょう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック