bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



次から次へ
悪性リンパ腫のお母様は、本日2週間の予定で、入院されたそうです。一般的に、完治はしないまでもどうにかなる(日常生活が出来る)ようになるには、経過が良い場合で年単位かかるそうです。
血液の癌の一種だとか。

これは本人の介護のできる状態ではありません。

GHに全部投げてくれればよいのですが、これがそうはいかない。お父様は今のところお元気です。二世帯住宅で2階にお兄さん夫婦が住んでいます。

お父様とお兄様で一致団結して、またまた本人さんを過保護に扱うのは、目に見えております。

まあ、いつまでも過保護に扱って、親兄弟全員いなくなった時に(本人さんは一番弟です。)どかん!と来るのを待つしかなければ、それはそれで親兄弟の犠牲になった本人さんには気の毒ですが、しかたありません。

困るのは、本人さんは成人病のデパートだ と言う事と、障害特性から色々なところが弱く、些細なことで体調を崩したり、なんだりしてしまいます。

普通はそういう時には、医者に行きますが…

このお宅は医者に行かせません。本人がもっと悪い病気に感染してくる とて、家族がかかりつけのわがままを聞いてくれる医師に(循環器の医師です。でも、何でもそこに頼みます。風邪でも、怪我でも、およそ全ての事をその医師に頼っています。)電話で症状を告げて、めくらで薬をもらってくるのです。

風邪、引きますよね?
診察しなくちゃ分からないじゃないですか。
でも、家族が感じる本人の症状を告げて、めくらでもらってきちゃう。

今もおかしな風邪薬を飲ませています。
抗生物質の弱めのやつ
解熱剤(熱はありません。傷みもありません)
処方の総合感冒剤

本人さんは、花粉症です。花粉症の症状が出てきただけなので、アレルギー薬が必要です。風邪薬はめくらで飲ませるのに、アレルギー薬は、「他に成人病の薬を飲んでいるから」と飲ませたがりません。ひどいタムシがあるのですが、これも(まあ、これは肝臓のデータがちと高いので、飲ませたくないと言えば、我々も飲ませたくありませんが)飲ませたがらない。

本日、ご自宅は入院騒動の最中ですから、医者に行かせました。GHのかかりつけです。医者が見れば、花粉症か、風邪かの区別はつきます。喉腫れませんもの。花粉症。鼻水もさらさらしていて、とめどなく出ます。くしゃみ連発。本人の今の症状はそれです。

さ。

これを病気の事は何も把握していないが、医者に行かせるのはダメだ とお母様と同じように頑なに思っているお父様にどう説明して、飲ませて貰いましょうか。

週末は他の人よりも長く自宅に帰ってしまいます。他の方は、心の自立を得て、バンバン泊るようになっている人がほとんどなんですが、彼だけは、本人が頑なに拒否するから と言う、家族のいいわけで、さっぱり泊るようになりません。
だから自宅の価値観でのみ暮らしていて、GHにいても、本人を捕まえているのは、家族なんです。

親は普通は先にいなくなります。
お兄さんも普通は先にいなくなります。
本人が最後に残ります。
その時になって、自立心を育てるなんて無理な話です。60歳、70歳になった子供の精神の人を、大人の精神に出来ますか?
しかもダウン症候群、年齢とともに体は急速に弱り、心は頑固になっていきます。障害特性です。しかたありません。

今、本人をGHにゆだねてくれればまだ間に合うかもしれません。本人は44歳です。既に頑固極まりない部分が出ています。自分で決めた何か があり、それが主張出来ない と言う重度の方ですから、この先どうしようか、真剣に悩みます。


さて。

今度は殿様です。

結局1カ月痰の絡んだ咳をしています。熱はない。元気は元気ですが、奇妙な行動と下痢がある。

幾らなんでもおかしい と思い、土曜日に耳鼻科にネブライザーに行かせましたけど、耳鼻科の医師の話では、これはもう内科の領分だ 熱の出ない肺炎もあれば、気管支炎もある、(途中、正月に休日診療で行った障害者専門の病院にはレントゲンがありません。)レントゲン一枚撮っていないのでは、話にならないよ と叱られてきまして。(叱られたのはヘルパーさん。私もその時点では、軽くネブライザーでもすれば、良くなるかな と思ったのです。)

その後数日経った訳ですが、下痢が激しくなりました。奇妙な行動も増えました。不穏な行動とか、気分高揚とか ですね。

今朝、幾らなんでもおかしな下痢をしたので、さすがに心配になり、上司に相談のメールを早朝に送ったところ、「自分で判断せい!」と叱られまして、「私の判断は、風邪と体力低下と花粉症(彼もアレルギー性鼻炎があります)のごちゃ混ぜで、痰を出す事が不能だから、処方された薬で良いのか、薬の為に、不穏だったり、おかしな下痢をしたりするのか が判断出来ない と言う事です。」と送りまして。

段々上司も真剣になってくれて、しばしメールで行ったり来たり。

本当は、少し離れたところに障害者(知的障害者が主ですが、身体障害者の方も見てくれます。)専門病院のまともなのがあって、そこに殿様の主治医も一応いるので、そこに予約を取ろう と言う事になりました。

予約の電話をしたら、早い話、断られました。
今、かかっている耳鼻科があるのだから、そこに相談して、風邪を治すように、風邪が治っても不穏だったら、その時は診察します と断られました。

仕方ないです。

耳鼻科に私が相談に行きました。

長いのでちとはしょりますが、耳鼻科でネブライザー等は効果があるので、来るように、でも、根本的な治療は内科でしか出来ないので、内科に行くように、下痢に関してはこの薬が影響がある可能性があるので、やめてみるように、痰を出す事が不能なら、咳を止めてはまずいので、この薬もやめるように 等などアドバイスがあり、夕方、相棒に通院させてくれるように、GHにとんぼ返りで帰って、色々な資料や手紙を作りました。

終わったら、13時でしたよ。

家族の高齢化、本人たちの高齢化で、医療的な支援が頻繁に必要になってきます。本人たちは訴えられないので、こちらで観察、発見するしかありません。

私がやっと「おかしい」と気付いたのは、先週の木曜日あたりですから、3週間は経ってます。若い相棒は全然気づいておりませんでした。

次から次へ良くまあ、これだけ起こるものです。

ついでに自宅では、家内が相変わらず、回復には良くない事をせっせとしては、体調を崩しています。
昼間寝ては絶対にだめだ と信じているようで、(夜眠れなければ、昼間寝ればよいのです。まだ病人なんですから。)布団から出ては、こたつでおかしな姿勢でガーガーといびきをかいて眠っています。眠りが浅い眠り方なので、ちっとも回復いたしません。

先ほどもガーガー眠っていたのですが、昼間、社会復帰しなくては と思って、自分のミニバイクをていねいに洗ったそうですよ。
で、洗ったのだから、社会復帰の為に運転して出かける と夜勤から帰ったばかりの私に言うので、慌てて止めて、何とか納得したところで、私もやっと仮眠が取れました。

次は何が起こるんでしょうねぇ。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック