bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



そろそろ退院
13日に家内が退院です。今は外泊中で自宅にいまして、明日、一晩病院に泊まって、退院してきます。

年末前から長期外泊が二回あり、その間に、様々な支援機関に本人を連れて、相談に行きました。

まずは市の障害者福祉課。病院のワーカーさん、市のワーカーさん、市のヘルパー担当のワーカーさんで情報交換をして貰い、最終的には認定調査をして、ヘルパーさんを使う布石です。
精神障害者の認定調査、区分認定が低くしか出ません。介護保険と同じ調査だからです。知的障害者も同じ調査。特有の暮らしにくさが反映されません。

結局、精神障害者も知的障害者も、特記事項や医師の意見書で、何とか区分認定をつけるのが現実。

自立支援法なのにおかしいんです。現実は。

加えて、精神障害者は生体的には体の動くヒトがほとんどですから、区分認定1が取れれば成功なんです。
週一度90分しか使えません。思考の取りまとめが出来ない事や、体調不良がいきなり来る事で、日常生活自立が出来ないのに、ヘルパーさんがこれしか使えません。制度上は区分5迄あるのですが。

介護保険は優遇されている様な気がしてなりません。
我が家は私が畑は少し違いますが、プロなのと、仕事上、あちこちのプロの情報があったり、付き合いがあったりするのと、職場の上司に相談出来るのとで、かなり包括的な支援を家内に入れる事が出来ますが。

肝心の本人はまだ病が治った訳じゃありませんので、話が通じません。

もっとも、話が通じて、自分で自分の支援計画が出来るようなら、支援は必要ありません。

つまり、本人に分かりやすく説明しながら、私が様々な支援機関を包括的に管理する事になります。

退院しますと、24時間の病院の手厚い支援から、いきなり自己管理になります。既に不安からか、怪しい行動を沢山しています。

失敗は良いのです。失敗しながら治っていくのですからね。ただ失敗は毎週病院には通院するので、適切に主治医に報告しないとね。最初はうまく出来ないでしょう。

やっとここまで来たので、入院させた事は、非常に良かったです。退院出来るのは、病院の力と本人の努力です。喜ぶべき事と思います。

が。大変なのは、実はこれから。退院後の支援がうまく行かずに、入院退院を繰り返す方もかなりおられるのです。家内はどうなりますか。

で、介護する私も精神疾患持ちですから、通院も薬もやっぱり増えて困ります。私はコントロール出来る範囲で、通院で事が足りますが、家内の余波を随分食らって困りますね。

困っている事は家内には言えませんし。

一番困るのは、一人になれない事。自宅に居れば、もれなく家内が居ます。職場でも介護ですし、休まる時を作るのが大変です。

そのうち馴れるかなあ?今は非常に大変です。はい。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック