bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



認定調査
何だか新年早々認定調査だらけです。

1つは殿様の認定調査。区分認定ですね。今回は意図がありまして。母上は敢えて殿様に、行動援護、と言うものをつけませんでした。行動援護とは、外出等の際、特に注意や支援が特別に必要な状態を言います。
殿様は、静かにすーっと居なくなり、帰って来られない事があります。常に安否確認が必要です。だから行動援護が必要なのですが、母上は嫌がり付けていませんでした。

これからはないと、本人が困ります。警察に捜索願いを出した事が何回あるか。

次は家内の認定調査です。これはまだすぐには始まりませんが、ヘルパーさんを使う為には、区分認定しないとダメ。

ところが。

区分認定調査の調査票は、介護保険を前提に作られています。行動障害や精神症状の項目も一応ありますが、それは認知症状を前提としたもので、知的障害や精神障害特有の暮らしにくさ、困難さは調査票ではほとんど反映されません。

結局、医師の意見書や特記事項で何とかする、と言う事になります。

せめて自立支援法固有の調査票が出来てくれると良いのですけれど。

家内も何枚医師に診断書を書いて貰ったか分かりません。手帳、年金、医療証の更新、生命保険、区分認定調査の為の意見書。意見書は市役所から病院に依頼が行くので、まだですが、そのたびに代金がかかります。働けない障害者にとって、保険の効かない診断書の代金は大変です。

もう少し何とかならんもんでしょうかね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック