bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



精神障害者手帳が出来ました
私のじゃないです。家内のです。
10月21日に申請して、出来上がったのが、年末ぎりぎり。知らせが来たのが12月29日でしたので、4日に一緒に取りに行きました。

まだ躁鬱病と発覚していなかった頃の診断書で申請したので、3級です。年金がたぶん2級で出ますので、年金証書で申請し直して、2級に直す積もりです。

昔の手帳を見たことがありますが、なんだか以前よりあっさりしたものになった気がします。サイズも小さくなったような?どうなんでしょう?本当かな?
新規のヒトはそれほど多くないのか、「手帳を持参されましたか?」と係の方に聞かれ、「新規です」と答えて、緑色のカバーを貰いました。

障害者になってしまった と感じる方もあるようですが、私の仕事柄か、私も家内もそうは思っていませんで、病気の為に出来ないこと、辛いこと、困ったことが沢山あるわけですから、その間は社会資源に助けて貰って、病気が治り元気になったら、返上すればよいと考えています。手帳は社会資源を利用するためのツールにすぎません。

このあたりは個人の考え方に寄るので、障害者手帳なんか と思う方もありますし、私はキチガイではない と言う方もあります。逆に病気が大して重くないのに、サービスを使いたい為にお医者さんを騙すヒトもないとは言えません。

年金も同じ。
どんなに困っていても申請しない方もありますし、病気が重くないのに、お医者さんを騙して年金をかすめ取るヒトもあります。

で、本当は2級の手帳が一度の申請で欲しかったのですが、どう違うか、障害者福祉課の方に聞いてみると、サービスの利用にはそれほど差はないようです。

我が家の場合、一番先に使いたいのは、ヘルパーさん。
本人が、日常生活の仕方を忘れてしまっています。思考のとりまとめが出来ません。

出来ること
洗濯、通院、OT、

出来ないこと
家事全般の計画と実行、服薬管理、食事作り、

不安な事
夜の不安、不穏の解消
私が夜勤の夜は一人ですから。

ですから、週に一度(これが精神の場合のヘルパー派遣の最大)ヘルパーさんに来て貰って、一緒に家事をして貰って、勘を取り戻すわけです。取り戻せたらヘルパーさんは卒業です。

本当は夜間巡回が欲しいのですが、(安否確認ですね。不穏な行動をしていないかどうか等)これは制度上は難しいようです。高齢者の方の場合には夜間巡回あるのですが、介護保険は優遇されています。精神は一番遅れています。精神のヒトこそ、夜間巡回必要なのですけれど。

それから相談先が必要です。
まずは日常生活を戻していくわけですが、家事に明け暮れる人生 と言うのはいかがなものか と思いますから、余暇活動の充実、仲間作り、ボランティア参加、等を一緒に考えてくれるワーカーさんが必要です。

これには市のワーカーを使うという手もありますし、病院のワーカー、民間のワーカーといろいろ手段があります。出来ればヘルパー派遣をしている事業所でワーカーを使えると助かるのですが、あいにく当市には両方やっている事業所は余り多くありません。うまく見つかると良いのだけれど。

一般的に病院のワーカーから市のワーカーに連絡が行き、そこから社会復帰のための支援が始まることが多く、我が家のように本人が市の障害者福祉課に直接行くことは余りありません。
我が家がどうして直接行ったか と言えば、私がプロだから ですね。病院のワーカー通すより早いから。

で、市のワーカーが病院のワーカーと連絡を取り合い、ヘルパー派遣担当の市のワーカーとも連携して、支援会議をしてくれて、ある程度情報が3者の間で統一されたら、私のところに連絡が来て、また、夫婦で来訪する事になっています。

精神の方、市などの社会資源を積極的に使う方、それほど多くありません。なぜかと言えば、退院してきたばかりのご本人、その能力を病気のために制限されていることが非常に多いから。
家内も私と相談には行きましたが、何を話し合っているのか、何が自分に必要なのか、半分も理解できなかった と言っています。だからこそ、支援が必要なんですけれどね。

私は家族だけで介護を抱え込む事には余り賛成ではありません。プロの手を借りるべきだと思っています。私もプロですが、家族となると話が違います。
特に仕事で介護、自宅も介護、になると、私もやられてしまいます。、
亭主には言えないこと、相談できないこと、頼めないことでも、ワーカーさんになら話せると言うこともありえますし、ヘルパーさんになら、亭主の愚痴が言えると言うこともあります。逆もしかり。ヘルパーさんの愚痴は私が聞けばよいのです。愚痴は害がありませんから、はき出す先があればそれで良いのです。

税金の減免などは2級も3級もそれほど変わらないそうです。交通機関利用時の料金半額、公営施設利用費の無料、携帯電話の基本料金半額、等はどちらも同じ、ヘルパー派遣の時間数もこれは障害程度区分をつけないとだめですけど、基本的には同じ。

今のところ、3級で困らないように思います。

介護保険のサービスを使う場合に、医師の意見書が必要なように、精神障害者がサービスを使う場合にも、精神科医の意見書は必須です。

ところが。

入院先の病院に申し出たら、「この病院で前例がない」とかのたまいます。事務方の休日の留守番さんだったので、無理もありませんが、前例がない訳がない。これから障害者福祉課にでもまた、時間がある時に行って、あれば指定用紙でも貰ってきましょうか。ある筈です。書式が。

年金は、早くて3月、遅いと5月にならないと出ません。遅いんですよね。今、本人が困っているのに。wがやは私がいますから、すぐ生活には困りませんが、一人暮らしの方だととりあえず生活保護を使うのでしょう。年金の申請から支給までは一応2ヶ月 と決まっていますが、今、当市周辺では、早くて4ヶ月、遅いと半年かかります。

手帳も年金も可能な限り早く私が申請しましたので、多少は助かりますが、ご本人がワーカーさんに助けられて自分でやっているのでは、さっぱりすすまないのも事実です。加えて、本人さんが申請に行くと、「申請が自分で出来るくらいなら、年金は出ません」とか言われてあきらめる方も結構あるようです。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック