bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



新型インフルエンザ続き
殿様は、見事な新型インフルエンザです。

どうも金曜日から風邪気味であったところ、どこかからウィルスが入ったかして、本日14時頃発症と言う事の様です。

夕方、クーリング資材がホームには不足しているので届けがてら、ヘルパーさんに色々指示してきました。ヘルパーさん、病気には余り馴れておられません。

インフルエンザの普通の経過を教えて、クーリングの仕方を教えて、水分やら薬やらの事を教えて、次のヘルパーさんにも分かる様に、メモもしてきました。

明日明後日の昼間は、定年退職で、障害者支援を勤め上げられた方ですから、安心ですが、泊まりの方が病気には多分馴れてないので。

新型インフルエンザの症状を初めて見ましたが、普通のインフルエンザよりひどい感じです。

今、殿様は39度回っていて、咳き込みが激しいです。無理に食事はさせず、水分はガンガン飲ませて、脇や股のリンパをクーリングし、頭にはアイスノンをしていますが、アイスノンが3時間くらいしかもちません。

普段、熱が籠るタイプのヒトですが、全身が火の様に熱いです。

私も初めて新型インフルエンザの指示をしますし、新型インフルエンザ、何が起こるか、軽くて済むか、重症になるか、見当もつきません。

どういう場合が重症化の兆候か、テレビ等の報道を思い出して、メモして、とりあえず帰って来ました。

殿様は実は毎年、季節性のインフルエンザにかかっています。来年からは後見人さんと相談して、ワクチンを打つ事を考えた方が良いかも知れません。リスクもあるし、かからない訳ではないので、難しいところなのですが、毎年必ずかかるのでは、やはり良くないでしょうし。

助かったのは、14時頃、ヘルパーさんがおかしい事に気付き、検温してくれた事。医者は本日迄なのです。一晩タミフルがあるのと無いのは、かなり違います。明日だと救急を探さないといけません。

タミフルがあれば、運が良ければ3日で熱がストン!と下がります。あと2日感染防止の為にタミフル飲めば何とかなります。

かなり熱が高いのですが、解熱剤、タミフル、クーリングで、何とかもち応えてくれる事を祈るばかりです。

知的障害重度の方は、体にもリスクがある人もありますし、何より症状を訴えられません。

介護してくれるヘルパーさんが感染しては大変なので、感染予防もせねばならないですし。

せっかくのお休みなのに、殿様が一番可哀想です。軽くて済むと良いのですけれど。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック