bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



逃避行中
自宅にはおります。家内から逃げております。仕事を放り出しております。

3連休ですから、仕事はしなくて良いのですが、いつもの週末と言うか、公休の日は、翌日からの仕事の算段で、利用者の家族と連絡を取ったり、なんやらかんやらやっております。

家内には、この3連休は用事もあるし、休息もしたいので、病棟にはいかない と伝えてありますが、何か用事があるのか、不安なのか、ジャンジャン電話が鳴ります。メールも一回来たのですが、「電話されたし」とのメールで、どーもいけません。どういけないか と言うと、3か月、仕事と家内の介護と諸手続きに走り回った結果、私は疲れ果ててしまったのです。

で、電話で喋りたくないので、「用事はメールされたし」と送り返したところ。メールは来ません。電話がジャンジャン鳴ります。

切っちゃいました。PHSの電源。

昨日は、自分の通院がありました。2か所掛け持ちで半日かかりました。しょうがないです。私の体質の問題なので、処置しないと健康が保てません。
で、一度帰宅して、仮眠して、夕方から本当に久しぶりに友人と食事に行きました。ちょtt遠方の友人で電車で90分くらいかかるのですが、数か月ぶりに「職場で利用者と」「一人で」じゃない食事をいたしました。

本日は、いつもなら、車で行きつけの店に朝食を食べに行くのですが、そこは仕事している時にいつも行く店で、職場にも大変近く、その店から病院までもしょっちゅう行っています。仕事と家内を連想させるものはみんな嫌になりまして、自宅近所のドーナツ屋に行きました。

帰りに通り道の本屋によると、シリーズで読んでいる歴史小説の新刊(文庫です)が出ていました。
読書は好きですが、最近かなり長い間、余裕が無くて本屋による気にもなりませんでした。久しぶりに一冊買って、帰宅したところです。

本日は、家内が病棟の電話を利用できる21時まではPHSの電源を入れません。昨夜から切りっぱなしです。仕事のメールは来るかもしれませんが、今日までは休みですから、返事しなくてもかまわないでしょう。

昨日とは打って変わって、本日は暖かい晴天です。
一昨日に引き続き、洗濯をしています。
洗濯物を干したら、又、布団で丸くなろうと思います。

たまには何もかも放り出す時が無いと、神経がもちません。
3か月、仕事か、家内の介護か、諸手続きか という生活をしていましたので、そろそろ疲れ果ててしまったようです。

明日から年末26日の明けまでは仕事です。今日はもう嫌になって、この3連休、ヘルパーさんのシフトも見ていませんが、明日から又、元気に、上手にさぼりながら年末を乗り切ろうと思っています。

買った本は、「御宿 かわせみ」と言います。
もうどのくらいシリーズが続いているでしょう?昭和50年代に、NHKのドラマで最初の方が放送されたのを覚えていますから?えーと25年とか、30年とか続いています?今、35巻です。江戸時代末期の話なんですが、(一応捕り物帳ですね)次巻から江戸は終わり、東京になるそうです。明治になるんですね。

さて。

本日はゆっくり過ごしましょう。
少し精神的に健康になったような気もします。
仕事も、家内の介護も、諸手続きも、まだまだいつまでも続きますので、たまには何もかも放り出す日を作ろうと思っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック