bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



医療保護入院?かなぁ…
家内の状態が非常に悪いです。
不穏の一言なのですが、身体症状もひどくて、本人も大変つらそうです。不穏ですので、怒っているか、泣いているか、沈んでいるか で、もうどうしようもありません。食事、水分もほとんど口から入らないようです。のどが痛くて無理なんだそうですが、のどの炎症ではありません。俗に言うヒステリー(一般的な意味じゃありませんよ。医学用語のヒステリー、解離とか言ったかな?日本語では。)の状態かなぁ…と思ったり。

普通の鬱病の状態じゃありません。診断書上の病名は躁鬱病ですが、どうも、年金出してもらうための病名のような気もします。

私の主治医(精神科医)と良く相談するのですが、主治医も「どうも普通の鬱病だけじゃない気がする」「躁鬱病ともちょっと違う気がする」と言っておられます。「厄介な状態だろうと言う事はわかります。」とも言います。

はい、非常に厄介です。
私など、家内の事で、へろへろと言うか、追い詰められているというか、へとへとです。

で、家内の主治医から先日電話がありました。
その時の用件は、「点滴が必要なので、してもよろしいですか。」というものでした。
この程度は、私(法的には他人)でも、事実上の夫婦ですから、何とかなるようです。

主治医が続けて言います。「今後色々と必要が出た場合、ご縁のない、戸籍上の配偶者の方(とても遠方に住んでいます。15年一度も会っていません。夫婦は破綻しています。が、離婚には応じない と言う不思議な配偶者さんです。)に、病院に来ていただいて、手続きをしていただく事があるかもしれないのです。」と。

どうも、配偶者が「そっちで勝手にやって下さい」と言えば、それはそれですっきりするらしいのですが、出てくる、采配を振るいたいとなると、ちと厄介だとのこと。

この話からすると、どうも医療保護入院に切り替えないとだめと言う事じゃないかなぁと思っています。だって、ものすごく不穏ですし、病棟内の人間関係でもバンバントラブル起こしています。(どっちが悪いのかは知りません。)

保護者の順番?はやむを得ない時は、手続きで変えられるらしいです。でも、私は他人だからなれません。入院の保証人程度はなれますが、そこが限界。日々の様子とか、医師との相談とか、病棟のスタッフさんとの相談とか、そういうのは出来ますよ。法的な手続きが出来ないんです。

仕方ないので、初めて本人の姉上に電話をしました。姉上は姉妹ですから、なれる可能性があるのです。医師にもそう話してあります。「ご主人から(私ですよ)、お姉さんには連絡とれますか?」「はい、取れます。」と言う事で、「法的な手続きが必要な場合、私では保護者になれないので、その時はお姉さんが配偶者の方と順番を変える手続きをして、なって下さいますか?」とお願いしました。

なって下さるそうです。

ちょっと当地とは離れていますが、半日くらいあれば来られます。お願いすることになりそうです。

家内の主治医は「そうですか。うーん。もう少し様子を見ましょうか」とおっしゃり、医療保護入院の事は口にされなかったので、実際、医療保護入院の話が具体化しているかどうか は分かりません。
でも、今の状態を見ていると、どうもその必要がありそうな気がします。入院期間もかなり伸びそうです。

今、私、家内が怖いです。私に攻撃的という意味ではないのです。愚痴と言うか、文句(色々な事に)が山ほどあって、吐き出す先が無い状態なので、私が行くと、何時間も-の話が止まりません。その余波を喰らう私は、たまったものではなくて、仕事もせねばならぬし、結構へとへとなのです。

何がこじれたのか分かりませんが、それは病気のせいで、家内のせいではありません。ですから、医療保護入院で構わないので、しっかり療養して、しっかり土台をあげて、夫婦二人で穏やかに生活したいと思っています。

年内の退院は不可能だと思います。この状態から医療保護入院に切り替えたとすると、素人の予想ですが、あと3カ月くらいはかかるんじゃないかな と思います。すでに12月で4カ月目に入りましたので、半年でしょうか…

ちょっと経済的にも厳しいのですが、まず良くなってもらわないと始まりませんので。

病棟に行くのは、少しスパンを置くようにしています。治療の妨げになりますので。あとは私がやられてしまう。PHSの電源切ってみたり(家内が不穏最高潮だと、バンバン電話が入ります。仕事していられません。精神的にやられます。大抵すぐ来て!の話ですから。)家の留守番電話の録音は聞かずに消去してみたり と喰らわないために私も必死です。

そんなに悪かったのかなぁ…
早く入院させてやればよかったのか、通院で何とかすれば良かったのか、今は分かりません。通院でどうにもならなかった事は確かなので、入院させて良かったのだろうとは思いますけれど。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック