bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



爪切り
殿様のお母様が他界されて、3週間が経ちました。

入院生活に入られた時、一番初めに私が思った事が、「爪を切らなくては」という事でした。

入院生活されている方、入所生活をされている方、一番行き届かないのが、爪切り、耳掃除、理髪です。

介護される立場の方が、自分で出来ない、又は、危険なためにご本人にはお任せできない事の一番が、上記3つでしょう。

理髪は、ご本人が意識なさらないという点もありますが…

殿様は、特性ゆえに、神はありません。
粘膜のあるところは、全部弱いので、耳鼻科に通院していますから、耳掃除は、まあ、医師がやってくれます。でも、その耳鼻科を手配したのは、もちろん私です。

爪切りはね。
意外に相棒でも気づいていないようです。
ダウン症候群の方、色々成長が遅いです。体温も低い方が多いです。爪も一般の方よりも伸び方が遅いです。
でも、伸びます。
2週間に一度くらいでしょうか。

知的に障害のある方、歩き方を意識することが出来ない方が多いです。歩き方におかしな癖があると、爪に影響が出たり、魚の目が出来たり、皮膚が角質化したり、と結構厄介です。

殿様も歩き方におかしな癖があるので、魚の目がたくさん出来ています。処置してやりたいのですが、処置そのものはその場痛かったり、違和感があったりするので、大いに抵抗します。今、ちょっと頭を悩ませています。

先日、他の利用者の方のパニックに巻き込まれ、噛みつかれてけがをしましたよね。2週間近くたって、やっと皮膚が上がってきました。もう大変です。
それはそれとして、絆創膏なんですけど、ダウン症候群の為か、黴菌にとても弱く、絆創膏には苦労しました。

で、軽快してきて、絆創膏を一般的なバンドエイドに変えたのですが…
細菌のものは、はがれにくいのがウリですので、(除く 安売り品)粘着力がすごい。ニッコー絆では、粘着力が強すぎて、数日後に何でもないところの皮膚がはがれてしまいました。
バンドエイドに変えても、ちょっと強すぎます。

仕方ないので、昨夜は、バンドエイドをハサミで切ってしまおうと思い、用意したら、本人は指を切られると思ったのでしょうね、又、大暴れです。
「殿様、指は切らない。絆創膏を切るの。」と何度も伝えましたが、だめ。伝わらないです。

仕方ないから手で引きちぎりましたけど。

食事、衣服(清潔かどうか、その方にふさわしいかどうか は別として。)住い、は、何とか確保されるのですが、整容のような事は、後回しにされがちです。

爪を切らずに長く放置すると、二枚爪になったり、分厚くなったり、黴菌やゴミがたまったりと、ろくな事が無い事は、介護屋生活長いですから、分かります。うちのGHの利用者に、そんなことはさせたくありません。

利用者の親御さんは、全員70歳を超えておられます。
ワンピースさんの保護者の方だけ、お若くて、50歳前?私と同じくらい?(女性に年齢は聞けませんので。)です。

殿様の父上、コーヒーさんの父上、母上、のんびりさんの父上、母上の5名は、70歳超えています。いつ何があってもおかしくない年齢です。

こういう時、父上はまあ、本人さんの介護を大いに分担しているとは言えないケースもあるので、あれなんですけれど、母上が介護できなくなると、とたんに本人の生活状況が悪化します。

父上、母上も、子供の介護だけが人生だった ではさみしいでしょう。
子供が50歳近くなっても同居している場合、夫婦で夕飯を食べに行く事すら出来ない家庭もたくさんあります。旅行には本人を連れていくとしても、夫婦二人の記念日のちょっとおしゃれな外食 とかには行けません。

そうして利用者の親御さんは、子供に人生を賭けてきたのです。

殿様は実は一人っ子です。
お母様の人生は、まさに、息子の為だけにあったと言っても過言ではないと思います。

突然の他界で、お母様にも言い残した事、やり残したこと、たくさんあったと思います。

こういう時に、GHがあって良かった と空の上から思ってもらえるような仕事をしたいものです。

で、GHの経営は今の法律の下では、実は成り立たないようにできています。うちの法人も、この不況の中、財布をさかさまにして、人件費に費用をかけてくれています。

どうにかならないものなのでしょうかね。



面白い事がありました。

殿様は母上が他界されたので、住民票をGHに移しました。今までは、母上の信念で、自宅に住民票がありました。

係いわく
「いつからGHで生活されていたのか、その引越しの日にちが転入の日付になります。いつですか?」
殿様は、4年前からGHで暮らしていますけど、もう面倒くさいので、理事長が、「自宅とGHの両方で半々で暮らしていて、便宜的に自宅に住民票を置いていましたが、母親の他界で、自宅は賃貸なので、返却したため、母親の他界の日付でGHに移します。」

それでも、なんだか、ごちゃごちゃ言ってます。
ちょうど、色々な証明書がGHにあったので、本人も連れて、本人の証明書をたくさん私が持参して、理事長と合流したのです。

で、理事長は、殿様が利用しているサービスを運営している法人の証明書(理事長が誰か と書いてあるもの)と、自分がその理事長だ と分かる運転免許証と、本人の利用契約書と、まあ山ほど証明書を持ってきていました。慣れているんでしょうね。

殿様には同じ住所の家族はいません。父上とは訳あって住所が別です。成年後見人さんはまだ決まっておりませんでした。誰が彼の利益の為に手続きするんでしょ?

で、四の五の言われながら、住民票の移転が済んで、私は殿様連れて、GHに帰りました。
帰った途端、電話が鳴りました。
「帰っちゃった?」と理事長。

ああ、そうでした。
他人の悪意ある不正使用を防ぐため、本人でないと健康保険証の受け取りはできないんです。同じ住所の家族は受け取れます。たとえものすごく仲が悪くて、借金のかたに使ってやろう と思っている家族でも、住所が同じなら、大抵の移動、受け取りは、何でも出来ます。一緒に住んでいなくても、住民票上の住所さえ同じなら良いんです。

同じような事はしょっちゅう起こるので、理事長に、「本人でないと受け取れないので、郵送にしてください。書留でGHに届きますから、私が受け取ります。」と知らせました。

受け取りの時は、書留で来る癖に、受取人の身分証明(本人かどうか)は、必要ありません。私のサインでも、三文判ででも受け取れます。

何が個人の保護ですか。

ちなみに、我が家は、ぎりぎりセーフで、大抵の事は、住民票の世帯が同一なので、出来ますが、時に委任状をよこせと言われる事がまだあります。本人、委任状が書ける状態じゃないのに。

ワンピースさんの保護者の方も、ワンピースさんと住所が違います。親族ですが、親ではありません。本人の住民票が取れません。「本人の委任状=直筆が必要です。」とやられます。絶対に取れません。
じゃあ、と本人に身分証明を持たせて、ヘルパーさん付けて取りに行かせました。ヘルパーさんが、「あなたの立場は何ですか?何に使うんですか?出せません。」とやられました。

「本人でないと実質的な家族が住所が違うと言うだけで住民票が必要なのに取れないから、本人が来たのです。」と押して押して、やっと取ってきました。

重度知的障害のある方が委任状を直筆で書けたら、法律は要りません。



爪切りから住民票まで、みなさん、本当に苦労します。何とかならんものでしょうかね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック