bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



激動の日々
記事を書いていたら、不意にフリーズして止まってしまい、記事は消えてしまいました。

昨日は家内から電話がかかってきました。
今、家内はかなり病状が悪化しています。病状が悪いので、何にでも不信感を持ち、病院さんにも不満をぶつけ、イライラをため込んでいます。何かと言うと、「病院が悪い。病院のせいで症状が悪化した。」と不満を私にぶつけます。

そんなとき、運悪く、患者さん同志でぶつかってしまい、家内の眼鏡がまがってしまいました。家内は今、自分で物事を判断する能力が無く、病棟のスタッフさんがいつも一致した見解を示さない事に(人はそんなに完全に統一出来るものではありません。普通はそういう事は気にならない。臨機応変にやるものです。)イライラを毎日募らせていて、多分、内心怒っていない時は、ないんじゃないでしょうか?

で、その家内が、病棟スタッフの自分に対する扱いを一つに統一し、自分の状態にあったものにするように毎日しつこく訴えたので…

夜間は車いすを使ってください と「統一見解」が出たそうです。それが色々運が悪い事になり、心配した外の方が、「善意でドアを開けてくれた」ので、「倒れた」そうで。「悪いのは、夜間は調子が良くても車いすを使えと言った病院だ。弁償させたい」とかやってます。
下手に反論できません。病人ですから、正常な判断できないです。
善意でドア開けた方、患者さん。病院のスタッフさんではありません。怨むなら、開けた方だろう と思うのですがね。ノックもせずにいきなり引っ張ったのですから。で、患者さんですから、スタッフさんのように正常な判断が出来るわけではありませんし。

で、患者さんには感謝し、病院さんに弁償させたい家内は結構しっかり症状が悪いです。

本人から「どうしても用事で外出したいから来てほしい」と電話があり、飛んでいくと、(仕事もあるんですけど)そんな話で。
悪いのは病院だから、まがった眼鏡はどうするのか、講義を込めて聞いたら、患者同士の事故なので、患者同士で解決になります。請求しますか?と至極もっともな答えが返ってきて、激こうした家内は、「請求しませんが、今すぐ必要です。タクシーで買い物に行きます。」と言い張ったらしく。

出せる状態ではありませんから、私にお鉢が回ってきたというわけです。

最初はつじつまの合わない事で、激こうしていましたが、現実に車から降りてもまともに立てない自分を感じて、私なら3分かからない距離を肩で支えながら、20分以上かかって歩いて(駐車場が少し離れていました)職人さんに1分くらいで直していただき、あっという間に修理は完了。別に今すぐじゃなくてもすみましたし、弁償騒ぎでもなかったです。

が、亭主がそれを正常な人間の感性で否定すると、本人はどうにもならなくなってしまうので、病院のスタッフさんやらなんやらと打ち合わせしながら、本人の愚痴を理屈のない怒りを聞きながら の毎日です。


結構疲れますよ。


夜は、上司が平たく言えば、仕事の文句を言いに来ました。正確には文句じゃなくて、うーん、アドバイスですかね。上司は理事長です。尊敬していますし、頼りにしていますし、上司も私を信用してくれています。
が、細かいあり方 のようなものが少し違ったりします。微妙な話です。それはお互い分かっているので、そんな話をしたり、今、GHで起こっている懸案について話し合ったりしました。上司の指示には従うことにしていますので、仕事の仕方が変わります。

給料もらうわけでなし、私は時間外に仕事をしています。朝です。それはだめだ ということになりました。それには長い理由があるので、割愛。

これが終わったのが23時頃。

0時頃、「夜分すみません!!!」のどなり声?聞こえました。ドアどんどん叩いています。
不審者か、助けを求めている人か、でしょう。
開けました。
誤解無いように言えば、不審者でした。
不審者じゃないんです。
多分、ですけど、統合失調症の急性期症状が起こっちゃった方。

保護しなくては と思いました。中に入れて、なだめて、さりげなく会話を持って行き、110番しました。
不法侵入者の通報をしたのではありません。迷い人の保護を依頼したのです。

うまくいかないものですね。
私は精神疾患の支援のプロじゃありませんでした。
人はここまで暴れる事が出来るのか というくらい、激情して暴れられました。
モノは倒れる、冷蔵庫は突き飛ばされる、私は打撲を負いました。

こういうあとは、大体ご本人は飛び出します。それは知っています。あとを追いました。近所のほかに家に入るのでは?と思ったから。
実はごく近所のお宅に在宅の方でした。

それを突き止めた頃、警察官がやってきたので、現場を見せて、事情を説明して、激情して暴れた際に自宅から履いて飛び出してきたらしい、スリッパが忘れてありましたので、それを警察官に託して、それから上司に報告しました。

上司としては「利用者を危険にさらした。危機管理がなっていないよ。」ということで、それは確かにそうだと思うのですが、保護したかった とは言えませんので、私のうっかり ということにして、本日の明けには交番にあいさつに行き、上司からの質問を代弁して、帰ってきました。

キングコングのように暴れたので、私の眼鏡、昨日家内がお世話になった店で、調整してもらったのですが、すでにまがっていますよ。



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック