bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



生活改善
昨日、精神科の主治医に意見されまして、ちと考えています。

私が忙し過ぎるのは、分かっていましたが、ボリュームを減らす以外薬では何ともならない、と医師に言われると、流石に何とかせぬばと思います。

家内が入院して、楽になる筈でしたが、実はなりませんでした。自立支援やら、精神障害への支援やらの手続きも煩雑です。手間暇かかります。

最初から全部病院に丸投げする、と言う手段があったのに、と、PSWの友人に言われました。その時はもうほとんど自力でやってしまった後。あとは年金の市役所への調査を出すのと、年金の診断書の類い、自立支援の更新くらいで、手間はかかるのですが、既に自分で手をつけてしまっています。

今から病棟のスタッフに頼むのもねぇ。自分でやった方が苛々しなくて済みますし。

面会は家内にもう一度話して、週に二回迄にします。どうしても三回行く事になりますので。

仕事の書類は一段落しましたが、会議がこれから続きます。これはサボれません。ホームの仕事もサボれません。

土日の見回りはたまにはサボろうか。サボると殿様がね。登録ヘルパーさんの時はたまには行かないと駄目でしょうね。

明けに面会に行くのは止める事にします。

主治医に、鬱病の診断書書いて、仕事を休むとか、療養入院出来るなら、診断書書くけどね、と言われてしまいました。

書いても私が休養出来ない、しないのは分かるのかな?

職場が回らなくなる、と答えたら、それは私はどうでも良い、あなたが倒れては医師として困る、と。

はあ。困りました。
何とか休養しなくては。

皆様も倒れる迄頑張らないで下さいね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック