bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



休日です
朝起きて、床屋に行こうと電話をしたら、ちょっとタイミングが悪かったので、又一眠りしてから、床屋に行きました。今は帰り道です。

ダブル入院は続いています。家内はうまくすると、あと1ヶ月くらいで退院出来るかも知れませんが、まあ年内は使い物にならないでしょう。殿様の母上も、危機は脱しましたが、まだ集中治療室近くの部屋にいます。原因が分からず、検査中です。意識ははっきりしていますが、流動食で、管が沢山繋がっています。

これからホームに回ります。昨夜夜勤してくれたのは非常勤職員さんだったので行きませんでしたが、本日は、昼間は初心者の学生さん、夜勤は登録ヘルパーさんです。ちょっと顔だしせねばならんでしょう。学生さんは本日が本格的に一人で初めての仕事です。利用者と二人きりでは不安でしょうから。

ダブル入院だと、もう休む暇がありません。いつも頭から離れない。利用者は殿様だけじゃないですから、他の利用者の算段もしないといけませんし。

土日の食費が今までよりかかりますし、普段の安定した食事の供給が出来ません。
なんやかんやで、ホームの冷蔵庫は張り紙だらけです。相棒と二人なら、何とか打ち合わせが出来ますけれど、自分達が居ない土日に沢山の方が交代で入って繋いでくれているので、余りしっちゃかめっちゃかには出来ませんで、どうしても張り紙が多くなります。

でも張り紙では伝わらない事も沢山あります。殿様が以前と同じ様に週末自宅に帰れる様になるかどうかも、分かりません。安定した週末の支援を確立しなくちゃなりません。

法人は、新規の職員の採用に奔走してくれていますが、ご応募は相変わらず無いみたいです。

と言う様な訳で、土曜日の明けも、さっさと帰る訳には行きませんし、日曜日も任せきりと言う訳に行きません。

家内の事もありますから、平日も病棟と職場との戦争です。ホームの仕事の他の仕事も法人には変わらず来る訳でして、ヒトが足りない時は、それもやらねばなりません。

なので、休日でもなんでも常にダブル入院が頭から離れない、仕事が頭から離れない、と言う事になるんです。

この辺の機微は、分かるヒトと分からないヒトがありますね。価値観、考え方の違いです。任せる、と言う考え方もありますし、フォローが必要と言う考え方もありますし。

私は後者ですが、法人の先輩の中には前者の方もあり、お互い疲れていると、良くぶつかります。

何はともあれ、利用者全員がいつも通りの落ち着いた毎日が送れれば良いので、一人奔走しております。

多分、これで良いのでしょう。

顔だしして、様子を見たら、ブランチ食べて、帰って昼寝します。明日も明けの夜勤の人がいるうちに、様子を見に行って、いつもの雑用をしないとね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック