bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



疲れますね
昨日は疲れか、散々でした。利用者とは楽しく過ごしたのですが。

殿様の施設利用費の自己負担分の請求が来ました。お母さんが入院したその日に。これは仕方ないです。月決めですから。

でも入院中のお母さんに頼む訳にはいきませんから、ホームの殿様の小遣いから支払う事にして、算段つけました。

殿様の小遣いが凄く少なくなりましたから、私が小遣いを暫時立て替える事にして。

自分の口座から家計費下ろす時に一緒に下ろし、封筒に入れて持参したら。

中身がありません。封筒空っぽです。実は封筒二枚手にしたのですが、思い直して一枚元に戻した。その中にお金が入っていたんでしょう。届けても出てくる筈はないので、もう一度殿様の小遣いの分を下ろしました。

泣きたい(泣)!



昼間は殿様とホームで過ごして、夕方は別のお宅に夕飯作る仕事があったので、終わってから飛んで行くと。
利用者さんが妙な事を言います。別の職員が来て作り、もう食べたよと。
昼食を作って貰い、食べたのが夕方???

まあ退散して、その職員さんに確認してみると。
コーディネーターのダブりでした。殿様のお母さんの入院騒動で、ごちゃごちゃになったんです。私は無駄足。仕方ないです。



で、ふとカバンを見ると、昼間殿様を喫茶店に連れて行った時に持参した、殿様の小遣いの財布と小遣い帳が入ったまま。これでは殿様が困ります。本人は困らないけど、サポートさんが困ります。

無駄足先からホームに逆戻りです。これが又遠い。




我が家も家内が入院、殿様のお母さんが入院、ホームの他の利用者も見ないといけないし、時期は秋で、衣替えだの、布団の交換だの、山程雑用がありますし。
あ。こういう家庭的な雑用は、若い相棒に幾ら言っても無駄です。家庭を持っていないし、若すぎて、人生経験が足りません。なるべく伝えて、やって貰う様にしていますが、まだまだ。


利用者が、自宅に帰るある金曜日、朝から涼しかったのですが、短パンと半袖シャツ一枚で帰してしまいまして。

悪い事に、その日は通院があった、その利用者さん。お母さんが、まさか短パンではないだろうね?と、思いつつ、念のため長ズボンを持参されたら、ドンビシャリ!短パンで。

私がいれば、そういう事はないのは、ご家族わかっています。相棒だと、そこまで気が回らず、利用者本人が漫然と自分で箪笥から出した衣服をそのまま漫然と着せてしまう。

その利用者は神経質で、昼間何回も着替えをしますから、着替えに短パン持たせると、長ズボンはかせて出しても、帰りは短パン、と言う事が起こりますので、着替えはもう短パンを持たせてはダメなんです。

と言う訳で、長ズボンと入れ換えをして!と日誌に書いて置いた翌朝、短パン、半袖シャツ一枚で出しちゃう。

利用者本人は、しっかり風邪を引きました。



私が時々メモや電話で世間話を家族とします。電話だとかなり苦情がすんなりと出て来ます。喧嘩腰じゃなくて、お互い対策を考えましょうみたいな穏やかな様子で。

たまたまそのお宅に電話をして、衣替えの話をしたら、上の話が出てきたと。

昨日はもう指示するのが面倒になってしまいまして、利用者全員の衣服、布団を秋に替えてしまいました。一人で。

まだ冬にもう一度替えないといけないので、利用者一人分くらいは、相棒に判断させて、替えて貰います。


判断が出来ない、報告、連絡、相談が出来ないのは、はらはらするんです。

てな訳で、体も疲れますが、精神的に疲れます。私も精神疾患を服薬で抑えながらの仕事ですから、どうしても薬が増えますし、通院スパンが短くなりますし。

しばらく殿様のお母さんは時間がかかりそうですし、相棒が育つにも時間がかかりますね。家内が3ヶ月で退院出来ると良いのですが、すぐに働ける訳じゃないですから、しばらく自宅での介護が続きます。

ふう。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック