bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



旅行帰着
先週木曜日、金曜日の一泊で、利用者を旅行に出しました。利用者四人、相棒とヘルパーさん、常勤さんの三人が付き添いです。

天気も良く、今年は雨は降りませんでした。去年も一昨年も雨だったのです。

相棒が旅行のしおり、みたいなのを作ったのですが、残念ながら書類作りに慣れていないのです。旅行のしおりなら、とりあえず行き先の宿の名前と電話番号、引率している相棒の携帯電話の番号くらいは、最低限必要な気がしますが、そこら辺がですね。ダメでした。もうハラハラドキドキしっぱなしでした。

宿との折衝、自宅への情報提供なんかは、全部私がやりまして。まあ、まだまだ若い相棒ですから、これから出来る様になって貰いませんとね。

帰着後も、知らん顔と言う訳に行かないのです。夜か翌日、自宅に電話くらいしないといけません。親の感想や苦情を聞かないと。

宿にお土産を持たせました。小さな家庭的な宿でしたので、利用者がお土産持って渡すのも良いかな、と思ったので。

その為か分かりませんが、宿の方が沢山お土産を下さいました。本来、お礼状を出すべきでしょうが、その暇がなく、電話でお礼を申し上げました。こういうのも怠ってはいけないです。
知的障害者が迷惑だとは、全く思いません。そうじゃなくて、家庭的なもてなしをして下さった事への感謝です。利用者はとても楽しく過ごした様子でしたし。

まだまだ怪しい事がありました。
当方の関係者へのお土産です。
夕食を作って下さるパートさんがいます。いつも仕事度外視で、いろいろ良くして下さいます。気持ちで良いのです。小さなお土産を利用者から渡して悪くはないでしょう。

買ってきて貰いました。

うーん。

値段が分かりませんが、ちと大袈裟でした。

お隣の方にも、お土産を買わせました。最近、庭の椿に虫がついて、ちょっと迷惑かけましたし、利用者がたまには訪問して、交流するのも良いものです。

こちらのお土産は少々まともな物を買ってきて欲しかったのですが、こちらのは何だか貧相です。

パートさんは身内、お隣さんは他人です。その辺の案配も、若いヒトには難しいらしいです。

観光地に行ったのですから、嘘でも、その土地らしき物が良かったんですがね。お隣へも、あくまで気持ちで良いので、高い物である必要はないんだけど。

仕方ないので、これを利用者がお隣さんへ、と、選びまして、と口添えして、本日利用者連れて届けに行きます。

まあ、物は何でも良いのですが、観光地お菓子、みたいなものでしたら、美味しい訳はないので、小さくて良いのです。もしくは少し質の良いもので、お菓子でない食べ物とかね。消え物に限ります。その点は良かったです。

利用者の自宅宛のお土産も、自宅が期待しているものがありますので、それとずれたりして、言い訳にちょいと苦労をいたしました。

たかが一泊の旅行ですが、結構神経遣います。自分がしおり作って、引率した方が楽は楽ですが、いろいろ事情があり、私は引率しないので。

若いヒトにも、何かを企画して、実践する事を覚えて貰わないといけません。

来年はどうしようかなあ。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック