bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



やっと入院
家内のうつ病が悪化して、入院させねばどうにもならん、と言うに至りまして。
ブログを書く暇もなく、病院探しやらなんやらに飛び回っていました。

自宅に帰れば本人の介護がありますしね。特に深夜早朝に怪しい行動をしますし、日中はピクリとも動きませんし、夜は幾ら睡眠薬を飲んでも眠りません。

勿論、自宅から外出する、とか、家事をする、とか、自分の食事を作る、とか、全く駄目です。

憂鬱な気分は私に話をして、少し落ち着きます。本人がはっきりしているのは、睡眠薬飲んで眠れず、起き出してくる早朝です。

その時間に憂鬱な気分解消の為に話を聞き、療養の為に入院する準備に何が必要か、どういう理由で、どこの病院に当たりをつけているか、等を説明します。

仕事は仕事で毎日続きますから、時差ぼけも仕事も変わらず続きます。

うつ病のひどいヒトの話を聞くのは、実はかなり疲れるのですよ。聞き方にもコツがあります。結構神経使います。

当然、精神疾患もちの私も、家内の余波を食らう訳です。今、普段の半分のスパンで自分の精神科に通っています。私が食らっている事を家内に覚られる訳には行きませんので、何となくとぼける訳ですが。

睡眠薬や抗不安薬の量がどうしても増えますね。私の薬ですよ。仕方無いです。

ようやく病院に入院前提で医師との面談に昨日本人を連れて行きました。回転の早い病院なので、来週にはベッドが空いて、入院出来る見込みです。

うつ病の治療、以前は入院療養がメインだったのですが、最近は現実逃避にしかならない、とて、入院に向かない患者もいる事がわかっています。

家内がそう判断されて、例えば1週間で退院させられてしまうと、ちと困るのです。

とことんダメージを受けていますから、まず、それを癒して、それから現実に立ち向かって欲しいんです。

出来れば限度いっぱい3ヶ月入院させてやりたいのですがね。どうなりますか。


と言う事で、又、しばらく更新ないかも知れません。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック