bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ワンピースさん通院
昨日、夜勤明けで、ワンピースさんの通院に付き添いました。ご家族と一緒です。

ワンピースさんは、病院が大嫌いです。まあ、当たり前。理解が難しいですし、暴れれば済む の価値観を、成育歴で身につけてしまいましたので。

とは言え、だまして連れて行くのは、一番駄目です。
前日に二人っきりになった時にゆっくり説明しました。

曰く。
明日は作業所はお休みする事。
健康診断に行く事。
健康診断は3つやること(レントゲン、心電図、心エコー)。
採血、注射はしない事。
絶対に痛くない事。
私と一緒に行って、ご家族も一緒な事。

こんな事を説明しました。

やっぱりちょっと不安だったみたいで、その夜はなかなか寝付けませんでした。でも、荒れることなく、普通に私と通院して。

実にえらかったです。
初めての病院、何が何だか分からないのに、私の説明を聞いて、静かに頑張りました。
医師の方とのお話、心電図、レントゲンは経験がありますが、心エコーは初めてです。時間かかりますしね。動きたいし、喋りたいし。「お話と動くの、我慢。」と話しながら、検査中付き添って、ほめながら、20分、検査に支障なく終わる事が出来ました。

本人の自力というのは、実に凄いものです。

作業所の健康診断で、異常値が出たのですが、健康診断の値を判定しているのは、自動の機械だそうです。なので、本当に異常が急に出たのかどうか は昨日の検査結果を医師の方が検討してみないと分からないそうで、来週、ご家族がもう一度検査結果を聞きに受診されます。

ワンピースさんは、生まれつき、心臓に穴が開いていて、それは子供の頃に全部ふさいで根治してあるのですが、それとこれとが関係あるのかどうかも、昨日の検査結果を見てみないと分からないそうです。

機械の誤差だと良いのですが。



しかし。

夜勤明けで、そのまま通院で、帰宅したら15時 と言うのは、オジサンにはかなり疲れました。
体も疲れましたけど、本人に怖くない受診をさせるのに、やっぱりかなり神経遣いましたから・・・無事受診出来て良かったです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック