bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



自分の精神科
昨日の明け方、戦場の片付けをして、朝になって、自分の精神科の予約を慌ててしました。1つには少し薬が足りなそう。あとは精神科の医師と話をしたかったんです。

鬱病の介護と言うか、世話は申し訳ないけど、疲れるんです。こちらも既応がありますから、食らってしまうんです。

で、運良く、海外に行く前に、当日予約が取れました。ちょっとグズグズ話をして、慰めて貰って、足りなくなりそうな睡眠薬と補助薬を少し貰って来ました。
次の通院の予定迄、10日くらいなので、まとめて薬を出しても良い、と言われたのですが、家内の療養迄は、まだまだしばらくいろいろ続きそうですから、10日程したら、又、グズグズ言いに行く事にして。

薬、まとめて貰った方が安く済むので、先生は気を遣ってくれたんです。有難いです。

精神疾患、おかしくなると、まず睡眠からおかしくなります。私は元々睡眠障害がひどく出たクチなんで、不安、不調になると、寝るのが不安になります。

早い話がいつもの睡眠薬では、眠れないかも?と感じるんです。今、家内が不調でストレスかかっていますから、仕方ないです。

で、いつもは一種類の半減時間が長いタイプ~これはすぐ眠くなる、の効果には薄い、持続が長い、かなり古いタイプの薬です、最近は余り使われません、私の希望で出して貰っています~だけで、安心して眠れるのが、すぐ眠気の来る、持続時間の短いのを追加で野みたくなるんです。

2つは使い分けしてるんですが、本来使っていない時に追加で使うから、足りなくなります。実は既に近所の内科で一度追加を貰ったのですが、それでも足りません。

補助薬も本来使わないで済む時に飲まないとうまく行かないので、それも追加。これはさすがに近所の内科では持っていませんし。どうやら睡眠薬よりは、補助薬が増える方が安全と言うか、安心らしいです。

夫婦揃って不調と言う訳にも行きませんし、私は元気じゃないとね。

家内も症状は相変わらずですが、少し吹っ切れたみたいです。月曜日からは保養に海外に連れて行きますし、幾らか気分も変わるでしょう。

鬱病そのものが悪くなっている訳じゃありませんで、現在強いストレスがかかっている為にエライ事になっているんです。

保養から帰ったら、療養の為に入院させます。治療の為の入院ではありません。病が悪くなっているのではないから、治療効果は期待出来ないです。少し休んで、気力を戻して、ストレスをまともに食らわない様にしてやりたいのですが。

うまく行くでしょうか。退院した後が勝負なんですよね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック