bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



洗濯もの
洗濯ものは、普通は洗濯機に入れます。

ちょっとびっくりしたことがあったのです。
かなり嬉しかったですが、後始末には奔走?しました。

月曜日、ハッピーマンデーですので、基本的に利用者の方は、自宅からホームに宿泊にやってきます。やっと4年目にして少し開始したところです。何しろ、宿泊日数が増えないのが、当GHの最大の課題ですので…

で、コーヒーさんが、ご両親とやってきました。
少しはご両親に名残惜しそうな様子を見せてくれると助かるのですが、さっさと2階の自分の部屋にあがって行ってしまいました。
あーあ。私の立場が…

まあ、それは良いとして、「洗濯物を持って行きなさい!」と早速怒鳴られまして、洗濯したものを持って、自室に上がって行ったのです。
最初の頃、自室にぶちまけてあった洗濯物は、今は、それらしきところにちゃんと仕舞ってあります。時々怪しげな場所に入っていますが、かなり的確です。コーヒーさんがこんな事が出来る様になるとは実は思っていませんでした。

で、まあ、普通に夕方の時間を過ごして、お風呂に入って、夕食にして、洗濯機を回しました。出来上がって、ふたを開けると?

???

???

なんか洗濯ものが多いです。私含めて3人しかいないのですから、普段の量ではない筈です。おかしいな?と思って、とにかく中身を引っ張り出してみると。
上履きが出てきました。
上履き?

これはですね。解説が必要です。
普段の月曜日は自宅から通所先に行きますから、作業に必要な着替えなどを自宅から持っていきます。金曜日はそれを洗濯の為に自宅へ持ち帰ります。

が、平日、たまに通所先から着替えたものをGHに持ち帰ることがあります。それから、自分が脱いだ物が自室に散乱している事があります。

「洗濯機に入れていらっしゃい!」と毎日怒鳴っています。言えばちゃんと入れに行きます。

どうもですね。
余り、毎日、「洗濯物を入れていらっしゃい!」と怒鳴られるので、カバンの中には洗濯したきれいな作業着やら、上履きやら、上履き袋やら、全部用意されていたのですが、「あ。洗濯機に入れなくちゃ」と本人は思ったようなんです。

全部洗濯機にぶちまけて、ふたまでちゃんとしてあったので、気づきませんでした。何より、いつ、放り込んだんだか、見当もつきません。

本人に「洗濯機に入れたの?」と聞くと、「うん!」と大変得意そうです。
入れちゃったもの、気づかずに洗濯しちゃったものは仕方ないので、本人を呼んで、別の着替えを用意して、「これを、明日持って行ってくれる?」と話しました。説明すれば、出してしまう事はそれほど多くありません。

なんだか山のような洗濯ものでした。
ほとんどはお母さんがきれいに洗濯して、準備してくれたものです。
お母さんに「何を何枚お持ちになりましたか?」と事情を説明すると、お母さんも大笑いです。「連絡帳も入れましたか?」と聞かれましたが、連絡帳入れない。洗濯ものと、連絡帳、ちょっとしたノートなども入っているのですが、それらはちゃんとテーブルの上に出して、それから全部洗濯機にぶちまけに行ったようです。

行動は適切ではなかったですが、考えた事は立派です。きれいか汚れているかの区別はちょっとつかないのですが、カバンの中に入っている「洗濯物」は洗濯機に入れるのだ と認識してくれているのでしょう。

毎日の積み重ねって、時々、凄い事を会得していて、かなり仰天する事があります。
勿論、本人は良かれと思ってやったのですし、叱る必要はないので、そのままです。もう少ししたら、「汚れているもの、もしくは一度着た物は洗濯機」と言うように教えてみましょうかね…

毎日パジャマは洗いませんので、一度着たといっても、ちょっと不安が募ると、あちこち着替えて、気分を落ち着ける事もありますので、それを全部選択されたのではかないませんから、もう少し考えてみましょう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック