bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



自傷、他害
参考になるお話でなくてすみません。

ちょっとあるところで、(インターネット)自傷、他害のひどい自閉症の方(その方は、思春期、言葉があるようです)への支援についての相談、の記事を読みました。

うちのGHにはひどい自傷、他害の方はいません。
ただ、自閉症の方はいますので、自傷する人はいます。他害まではいかないけれど、人の迷惑になる事が楽しいという方はあります。

GHでの生活、支援、介助によって、かなり軽減してきていますが、根本的な部分は変わりません。自傷したい、迷惑をかけたいという根本は変わっていないのです。

自傷の方、毟りなんですね。爪を噛む人も世間にはいますので、癖と言えばそれまでですが、化膿する、真皮まで毟る、の類なので、うーんと言う感じです。
代償行為も考えたのですが、代償行為というよりは、無意識にいつも毟っているの状態なので、基本的にはスキンケアで対応しています。正しいのかどうかは、自信がありませんが、何もしないよりは効果的、本人も楽だろうとは思っています。






他害のような方、つまり、迷惑行為が楽しい方、この方は、考えてみれば、注目を集めたい、やる事がない、興味がないなんだろうと思っています。ところが、頑固な特徴もありますし、自分が決めたこと以外には全く興味が持てないという特徴もありますし、これがなかなか難しいです。
GHに入って、パニック的な行動は激減しました。
パニック的な行動って、事実上は自分も他人も被害をこうむらない事で、たとえば、大きな特徴的な声を出す、物を投げる(他人にも自分にも当たる事はない=加減をしてアッピールとしてやっている)などでしょうか…

あとは徘徊です。
実に上手?と言いますか、たとえばリビングルームの中で、この場所だけは迷惑(たとえばテレビのまん前)を陣取ります。分かっていてやっているのだと思います。
声だしも常にあります。黙っている事がありません。できないのかな?と思ったら、自分に不利益な事があれば中止できます。ふむ…

食事の丸のみがあります。嫌いな物でも残す事は出来ません。残させるとものすごい偏食です。GHに来る前、好きな物だけを食べていて、血液検査で、コレステロールやら、中性脂肪やら、肝機能やらに障害が出ていました。排便も異様な便でした。肥満もひどくて、正常な食事にしたら、2か月で20キロ減りました。

ここまで来ると、怪我をしないからいいか と言う訳にはいきません。

以前本人を介護していた保護者の方は、不穏の為の薬を山のように飲ませていて、今の保護者の方は(複雑な事情の方です。)薬をやめさせようとしているのですが、われわれも薬を山ほど飲ませて、行動抑制(つまりぼーっとした状態にして、物理的に暴れる事が出来ない様にしてしまう)をする事には疑問があるのですが、自閉症の方、感覚異常があったり、刺激への反応が違ったり と言う事がありますから、(しかも本人はそれを自覚、コントロール、表現できない)何が何でも薬をやめさせる事には懐疑的です。

GHに入って、一番本人の刺激というか、成長につながったのは、他の利用者さんたちの生活ぶりです。他の利用者さんたちが、楽しく、穏やかに生活している様子を毎日目の当たりにして、そこから得たものは非常に大きかったようです。まだまだ若い方、本人の成長が引き出せます。

絶対に行けなかった(その場所に入る事をせず、力づくで拒否する)医療機関の受診などもできるようになりました。床屋も行けるようになりました。集団行動も、世話人がいないお出かけも心配なく出来るようになりました。



確かに飛躍的に成長していて、本人も楽になってきているだろう とは思うのですが…

その相談の記事を見て、ひょっとすると、われわれが気づいていない、本人にとって、もっともっと良い支援があるのではないか?と考え始めまして…

じゃあ、何が良いか と言う事までは、まだ思いつかないのですが…

典型的な自閉症の方への教科書的な支援はしていません。そこは我々の強みでもあり、弱みでもあるのですが、私は実は福祉の学校でのお勉強をしていないのです。理論を知りません。常識程度は知っていますが、すべては現場で手に入れてきたことばかりです。やってみて、うまくいかなくて、また、考えて、やってみて、の繰り返しでもう10年経ってしまいました。
机上の空論にならないところは強みだと思っていますが、(現場でやったものにしかできない事はあります。国家資格を持っただけの現場をやった事がない人には負けません。ちょっと鼻息荒いかな?)常識的な理論を知らないところは、勿論大きな弱みです。

およそ、人が人の支援をするのですから、教科書だけでは支援にならないのは周知ですが、理論を知っていると良い事もあるでしょう。知っていて悪い と言う事はない筈です。

現場一筋でやってきて、これからも現場に居たいと思っていますが、実は現場にしかいないので出来ないこと があるのかも知れません。


自閉症=代償行為、絵カード みたいな支援は私はやりません。それで今までかなりの支援をしてきたのですが、さて?結局はどうなんでしょうね。

ひとつだけ自慢できることと言うか、座右の銘にしている事があります。
最初の頃の上司に教わりました。
「観察をしなさい」と言う事です。
見ているという事じゃありません。
分析をするという事です。
そこから支援を構築する、そして、また、観察、分析をする、さらに良い支援を構築する と言う様な事です。
その観察の仕方は、かなり教えてもらいました。
私の原点と言っても良いと思います。

でも、そこに教科書の理論がないのよね…

そろそろ夏休み。
休みでも終わったら少し考えてみましょうか。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック