bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お買い物
休日です。恒例の床屋に来ました。

今夜は家で美味しいものを食べようかと思い、駅ビルに惣菜の買い物に来ました。家内がずっと具合が悪いので、外では無理ですし、仕事で散々家事をしていると、休みに迄自宅で家事はしたくありません。私一人なら、外食するか、簡単なものを買いますが。

惣菜を買って、喫茶コーナーでコーヒー飲んでいたら、目の前に甘味屋さんの売店を発見。

この店、老舗の甘味屋さんです。江戸時代からある筈です。ここらにある訳じゃなくて、ちと遠くの観光地にあります。日帰りで行ける場所です。
要するに江戸時代の喫茶店ですね。茶店です。

名物の甘味があります。勿論店に行かねば食べられません。でもこんな駅ビルに売店があるとは思わなかったので、覗いてみると、時代は変わりまして、名物が持ち帰り用に用意されていました。

店で食べるのとは違うと思いますが、真空パックではないので、ひとつ買ってみました。江戸時代からの駄菓子もありました。それも一袋買いました。

出身地が違う家内には、その駄菓子の説明を何回かしたのですが、通じません。休みですから、おやつと夕飯のデザートに食べましょう。

まさかこんなところに、売店が出てるとは思いもせず、だって、茶店ですから、売店が駅ビルにある事自体があり得ない。あったんですけど。かなり驚いて、お店のヒトに聞いたら、ずーっと前からあるそうです。
床屋も20年も通っていますから、ずーっとその駅には毎月二回行く訳なんですがね。気付きませんでした。
これからたまには老舗の甘味を買おうかな。茶店にはなっていないので、店では食べられません。店で食べるなら、遠くの観光地に行かないと。

観光地の有名老舗なので、店はいつも混雑しています。たまにガイドヘルプで、その観光地に行きますが、利用者さん連れて食べに入るのは少し厄介です。老舗の甘味、利用者さんにも食べさせてやりたいのですけれど。

ああ。驚いた。

これから帰宅して、今日はのんびりします。一昨日からべらぼうに忙しくて、昨日は明けで掛け持ちして、自宅に帰ったのは夕方でした。

お土産持って、ルンルン帰ります。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック