bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



所内研修?
先週あたりから、言えば所内研修のような感じで、隣のホームと世話人の交換が行われています。ずっと交換する訳じゃなくて、体験するという事です。私も夕方お手伝いに行き、利用者にしっかりいじめられました。

さて。今週は、水曜日まで毎日、隣のGHから世話人さんが、二人夜勤でやってきます。我々にプラス、隣のGHの世話人さんで夜勤をします。

昨日もおひとり見えました。
色々体験してもらいました。
色々な事をして、ちょっと落ち着いた夜中近く、その方が、いろいろと苦悩を話し始めました。

それはね。

そのGH、まだ開設して半年です。それはもう、いろいろな事が起こります。
特にそこは、利用者の特性から、世話人が6人関わっています。それだけいれば、不協和音も出ます。

昨夜来たのは、普通の常勤さんでしたが、そこにも私と同じような立場の専任の世話人さんがいます。その専任さんはさぞかし大変だろうな と察したことでした。

GHはある種個人プレーですが、ある種集団プレーです。でも、その集団プレーも全員が同じ事柄を同じように行う と言う意味での集団プレーじゃありません。やり方、対応はそれぞれで良いのです。中心線は余りぶれない方が利用者に対して親切ですがね。
利用者も人生経験があります。ちゃんと人も見ますし、顔色も伺いますし、それなりにしっかりやっていきます。

どうも当GHが素敵に見えるらしいのですが、素敵に見える当GHはもう開設丸4年。その間にはそれこそもうさまざまな事が勃発しています。利用者の家族から、「いつやめさせようか そればかり考えていた」なんて話がやっと出てきたのは、3年目くらいからでしょうか…

そうそう開設半年のGHが何事もなくうまく回る訳はありません。時間が解決します。人が多いと、洗濯に仕方一つで大喧嘩になれるので、そのあたりが難しいところでしょうね。
うちは相棒と私の二人なので、そのあたりのもめ事がない と思っている様子でしたが、二人だって揉める時は揉めます。私が専任で相棒を引っ張っているのは事実ですが、相棒にもう少ししっかりしてほしいと思う事もありますし、相棒も私が古臭いと思う事もあるでしょう。

それでも何でも回るのは、それは利用者たちの自力に寄ります。誰か支援者が関わる事で、利用者たちは確実に伸びて行くのです。

あと3年、4年すれば、今の苦労も報われる時が来ると思います。

頑張れ!若者(^-^)☆
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック