bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



不穏の薬
いわゆる不穏の薬、と言うのが精神科の薬にあります。行動障害の人が飲んでいる場合があります。

最近、不穏の薬について、ちょっと考えています。

ワンピースさんは、朝夕に不穏の薬を飲んでいます。何故飲む様になったかは、他界されたご家族が医師と決められた事なので、分かりません。伯母様が介護される様になってから、伯母様は薬を止める事を目指して、奮闘しています。今は最初の半分くらいに減ってきています。

私も基本的には、不穏の薬には懐疑的です。てんかんの薬は飲まないとダメですよ。命に関わります。いわゆる安定剤も、知的障害者の方に漫然と飲ませるのは賛成しません。

理由は簡単で、行動障害や気分の乱高下は、常習的な場合、多くは障害本来の為ではなく、悪い学習による二次的障害の場合がほとんどだから。

薬を今飲んでいる場合に、いきなり中止するのはダメです。長い時間をかけて生活を学び直して貰い、様子を見ながら、必ず医師と支援者が良く相談しながら減らさないとダメです。

丁度私が今、抗アレルギー剤の離脱でエライ事になっていますが、精神薬の離脱は半端じゃないです。下手すると事故やら健康被害やらが起こります。

なのですが。

ワンピースさんは自閉症です。神経の伝達に何か異常がある訳ですね。彼の様子を見ていると、確かに気分の切り替えと言うか、突発事項に対する対処とか、そういう事がどうも本来的に苦手な様子があります。理屈で理解出来ませんから、どうにもならない様子の時もなくは無い。

ホームでの生活、本人の成長によるものと思いますが、かなり上手にはなっています。でも苦手なのは、本来的な彼の障害の様な気もします。

神経伝達の異常による暮らしにくさだとしたら。それは薬で補ってやらないといけません。今の薬剤を続けるかどうか、は、別にして。

主治医と来月面談する事になったので、その辺りを相談してみようかな、と思っています。

不穏時頓服なんてのがありますが、生活教育をしないで、不穏になったら、薬をどんどん飲ませる、と言うのは、これは人権侵害ですよ。
それから本人がうまく対処出来ない事柄が予定されている時に、不安時、不穏時の薬を使う場合は、不安、不穏になってから飲ませても効きません。予め飲ませておき、本人が苦手な事柄に少しでもスムーズに対処出来る様にしてやらないとね。

ちと思い出しました。うちの法人をガイドヘルプで使っている利用者さんのある方があります。この方もいわゆる行動障害です。頭は良くて、自己刺激しては、他害をします。
この方が別の支援者、つまり私の同僚とあるイベントに参加されたのに、仕事で同席した事がありました。見事に他害をやっていて、その同僚が暴れている利用者に何とか不穏時頓服を飲ませようと、薬を持って、利用者と格闘している場面に出くわした事があります。

多分、効かないと思うのですが、どうなんでしょう。登録ヘルパーさんなら仕方ないけど、例えば散歩中とか、暴れてたら危ない時とかありますし。でもそんな危険な時は飲ませる余裕もスキルも無いかも知れないし。本人はどこ迄わかって暴れてるか、にも寄りますし。我を忘れてしまう人もいます。そんな時はいつも飲んでいるな
ら、頓服、必要でしょう。その不穏を引きずるかどうか、等、見極めは必要ですよ。それから暴れている最中に飲ませてもダメ。普通飲ませられないし。何とか落ち着かせて、それから本人の気分の乱調を穏やかにする為に飲ませないとダメ。

知的障害者の方の、不穏の薬は難しいです。一概に止めるべき、とも言えません。漫然と使うべきとも言えません。

ワンピースさんはどうなりますか。

かなり少ないんで、やめられるものなら、止めても良いのですけれど。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック