bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



週がわり
先週あたり迄、はくせんでバタバタしてました。だれにどの薬で、どの順番で何をするか、これ以上拡げない為には何をするか、結構厄介です。ルーチンになればなったで、経過観察せにゃなりませんしね。

一応何とか治癒に向けての目処が立ちつつあります。長い目処のヒトは2年くらいかかるでしょう。はくせん、夏が過ぎると、皮膚の奥に潜りますから、つい治療を止めてしまいます。禁物です。症状見えなくても、飲み薬も塗り薬も続けないとダメですよ。

なので、はくせんとの闘いはまだまだ続きます。

これが先週。

今週は床屋です。
コーヒーさんと、ワンピースさんは、ホームから床屋に行っています。同じ頃切るので、同じ頃、行かねばなりません。折しも来週はワンピースさんは、通所先の旅行があります。ぼさぼさの頭で行かせる訳には行きませんし。

通院だ、床屋だ、と言うのは、我々世話人が一人にかかりきりになるので、実はちと忙しいのです。あとは本人が生活に必要な品物をホームで本人が買いに行くとかね。夕方サポートさんが個別支援で入ってくれているのでかなり助かりますが、生活って、様々な雑多の事の集まりですから、うちの様に、家庭からかなりの部分シフト
している所は、雑多に結構追われます。
でもね。それが生活だと思うのです。自宅で何もかも準備していたのでは、ホームは生活の場所にならないんです。

これらをやっていると、押されて時間が無くなるのが、生活維持の為の雑多な雑用ですね。勤務時間内にやるのは諦めています。最近の私がそうですが、早出して全部準備しておきます。
今日は相棒と定例会議もあります。議事録作る打ち合わせですね。法定で月に一度は会議をしなさい、と言う事になったそうです。会議とは言えない迄も、しょっちゅう打ち合わせはしてますが、月に一度は議事録付きでしています。それが本日です。

来週はひとつの通所先で旅行があります。ホームの本人の持ち物で充分荷物は出来るのですが、何故か自宅で準備したがるご家族多数。一泊ですよ。何が必要?子離れ出来ないのね。

毎年、空のカバンだけ持ってきて下さい~!とメモを持たせ続けて、今年はかなりホームに任せてくれる家族が増えました。昨年迄は旅行の前日は帰宅して、自宅から旅行に行かせる、なんて親も居ました。本人もそのつもりなんてヒトも居ました。

自宅で準備させた方が楽なんですよ。何もしなくて済むから。可能な限り、本人にも荷造りさせると、かなり手間はかかるんです。だから、と家族にやらせていたのでは、本人の意味無いんじゃないかなあ、と私は思っています。

で、旅行と平行して、ご家族との個別支援会議があります。終わると、2つの通所先との個別支援会議があります。そのうち夏が来ます。秋にはホームで旅行に連れて行きます。

そんなのを考えていると、今日は旅行先を決めないと間に合いません。

生活していると、様々な備品も必要ですし、老朽化も起こりますし。老朽化の方は面倒なんです。法人経由で、不動産屋、大家さん、と、話が回ります。中に入っている不動産屋はダメ不動産屋なので、さっぱり話が進みません。懸案事項が山程溜まって、やっと昨日、下見の業者が来たらしいですよ。中には3年越しの懸案もありまし
た。

毎日、食べさせて、寝かせて、入浴させるだけなら、ホームは簡単ですが、旅館じゃありませんから、そういう訳にはいきません。そうはしたくないですし。

法人は一々指示出す訳ではないですから、このバタバタの犯人は勿論、現場を仕切っている、平職員のワタクシです。

まだまだやりたい事は沢山あるのですが、人材配置的に恵まれている当ホームでも、難しい事はありますね。

同じ人材配置をしている当法人の他のホームは、ここまでホームで背負っていない様子です。サボっているから、ではありません。他に重要で切羽詰まった事を抱えているんです。

個別ニーズと言いますが、これからもニーズを追い掛けているうちに、10年くらいは経つのでしょうね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック