bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



遊園地
今日のガイドヘルプは盛り沢山になりました。若い方ですから、元気いっぱいです。とりあえずお散歩。ホームの近くの農園に行きました。野菜の説明をすると、何だか笑っています。小さな苗から野菜が出来る、と聞いて、可笑しかったみたいです。農園のカフェで飲み物を飲んで一休み。お茶とジュースを頼んだら、ジュースが良
いらしい。若者ですね。

駅迄は一時間歩きます。それから電車を乗り継いで、とある駅前に。ちんちん電車があるんです。道路を走る、あれ、です。それに乗ると、子供向けの遊園地の前を通ります。お母様に聞いたところ、電車と遊園地は好きらしい。

行ってみました。療育手帳があると、入園は無料です。介護人も。でも入園料金は200円ですから、乗り物代金の割引して欲しいなあ。乗り物代金は一回大人200円。100円券6枚分買うと500円。1000円分買いました。

メリーゴーランドは一人で乗れます。好きみたい。スカイサイクルに二人で乗りました。レールの上に出た途端、ペダルを漕ぐのを止めてしまいました。どうも汗をかいています。怖いらしい。なるほど。じゃあ私が漕ぐしかないですね。かなり距離があるんですけど。

観覧車にも乗ってみました。箱があるから大丈夫かな?と思ったら、これも少し怖いようです。下りになったら、ほっとした顔をしてました。なので、子供用ジェットコースターは止めて、本人だけミニ汽車に乗せました。汽車はさすがに大丈夫。電車好きですし。

言葉はない方ですが、人なつこい人みたいで、ちょん!と私の頭を触ってきたり、ふー!と息を吹きかけてきたり、頬に触れてきたり。こちらの説明は良く通じるようで、楽しそうに過ごしてくれました。

最近気付いたのですが、私らプロは道中、いろいろ説明しながら歩きます。と、言葉のない方と行動しついると、不思議に見えるらしいです。子供さんが良く、お母さんに、「あの人、一人で喋ってる。変だよ。」と言うのを聞きます。お母さん、大抵、返答に困ってますが。

言葉のない方が言葉を理解しない訳ではないので、今日は何をするか、今はどこに向かっているか、次に何をするか、等は、説明しながらじゃないと、仕事になりません。

一般の方から見ると奇妙らしいですよ。奇妙ですかね?

そんなこんなで規定の6時間、丸々目一杯使い、先程、お母様にご本人を渡してきました。

あ。踝の捻挫?ですけど。

急性期は過ぎたのか、それほど痛くないんですが、何と説明するのか分からないんですけれど、ある場所、があるみたいなんです。その場所が外れかける?と、猛烈に痛いです。バネ指と言うのがありますが、バネ踝?

テーピングは買って、今使っていますが、余り固定されていない様子。仕方なく、先程処方箋薬局で、マジックテープタイプのサポーターを買いました。介護屋の現場、怪我多いんです。重傷はないんですが、古傷化する。

これも古傷になりそうな予感。





と書いていたら、休んでいた店で、登録ヘルパーさんと利用者さんに出くわしてしまいました。悪い事は出来ないんです。自宅が事業所の活動圏内なので、しょっちゅう誰か関係者に出会います。慌てて挨拶して、逃げて参りました。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック