bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



医療的配慮の現実
循環器の診察と検査は終わりました。まだ薬も手術もしなくて良いそうです。毎年、年を喰いますからね。出来ればこれ以上、薬も手術もしなくて済むと助かるのですが。手術すると、入院しなくちゃならないでしょう?仕事も長期療養になるので、面倒です。薬は血液の凝固を防ぐものなので、日常生活が面倒になります。この薬は
飲みたくないですね。

さて。検査が終わり、比較的早く帰ってきまして、今は昼食中です。折角都会迄行ったので、何か美味しいものを食べて来ようと思ったのですが、生憎昼食時に重なり、サラリーマンの方がわらわらとビルから出てきました。サラリーマンに混じって食事をするのは苦手です。第一、私、サラリーマンルックじゃありませんから、凄く
目立ちます。都会のサラリーマンの習性も分かりませんので、空腹のまま、えんやこらやと地元迄帰ってきて、普段行く店に昼食に来ました。

循環器の病院、地元にない訳ではないのですが、心臓病患者は山ほど居ても、先天性はそれほど多くありません。物心ついた頃には、都会の大学病院の小児循環器に通院してましたので、今の主治医は、そこからの流れの病院です。当地方では、かなり有力な病院だと思います。先天性って、どう転ぶか分からないので、成長期はかな
り厄介だったみたいです。同じ主治医に35年近くかかっていたのですが、一昨年予約の電話を入れたら、その前の年に主治医先生が他界されていて、もうビックリ!で、引き継ぎで今の主治医先生になった訳でした。

なので、今でも行くのは小児循環器なんです。生活習慣等の成人病としての心臓病とは、少し違うのかな?生活習慣でなった訳じゃなくて、元々部品が足りない訳ですし、多少は対応が違うのかも知れませんね。

今回行ったら、面白い掲示がありました。携帯電話の話です。

人の迷惑にならない様に、ゲームやメールは構いません、ただ、マナーモードにして下さい、話すのは迷惑だからやめて下さい、に、変更されていました。

携帯電話、ペースメーカーを乱す、と言われますが。微弱電波のPHSは影響与えません。携帯電話でも、最新の機種は影響与えません。意外に知られてないんです。

病院で医師や看護師が何やら携帯電話風のものを使っていますよね?医療用の特別品だと思っている方、多いようですが、違います。あれは単純なPHSなんです。

私もPHSを使っています。医療現場に入る事もありますし、電車でペースメーカー入れてる方が隣に座る事もありますし。他には経費が安い、ほとんど通話をしない、メールがほとんどの私には、携帯電話は必要ない、と言うのもあるんですけど。PHSでインターネットもしませんし。

新型インフルエンザもそうですが、プロの医療関係者は大丈夫、と言っているのに、念のため、とか言って、不必要な制限する事が良くありますよね。電車の中で長電話なんぞは迷惑ですから、迷惑だからやめて、とすれば良いものを、ペースメーカーがどうのこうの、と言う。その方が説得しやすいのでしょうか。

マナーはマナーとして、大袈裟な過剰反応は避けたいものです。

新型インフルエンザも、国内では発生して居ません。海外で感染してきた方だけです。この状態の時に、マスクは売り切れって変です。

空港の検疫は必要ですよ。検疫の方が防護するのは、職業柄必須です。でも民間で防護服が飛ぶ様に売れるのはなんでだろう?致死率も低いんです。大流行はしそうですが、健康な人なら、普通のインフルエンザと変わらない。

介護現場も良く自治体から過剰防衛しろ、と言う印刷物が回ってきます。ありきたりの事しか書いてない。それでも大量に印刷して配布するので、税金をかなり使ってる。で、通達を出すだけで、何か対策する訳じゃない。これも無駄遣い。民間で防護服が流行るのは、もうイベントです。

もうちっと、効果的な事に予算使えないんですかね。

携帯電話もペースメーカーの為じゃなくて、マナーの問題。

介護屋は偽医療職ですから、ちょっとこういう事は気になります。

循環器のかなり高度な専門病院で、掲示物が変更してあったのには、感心しました。プロは効果的な事と、余計な心配を良く知っています。

自分が患者で守られる立場にあっても、過剰反応は避けたいものだ、と思うのです。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック