bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



行動障害顕著
明日は土曜日で、本日が夜勤明けなので、ガイドヘルプに回ります。

さて。明日の方。かなり行動障害顕著な人です。人間とは賢い動物だ、と思うには。人様に迷惑になる様な事に拘りますね。実に上手だと思うひとつの事があります。

電車に乗りますね?出入り口に両手を広げて塞ぎ、足を高く挙げて、なかなか踏み込まない、と言う行動を必ずします。降りる人は降りられない、乗る人は乗れない。

出入り口を塞がないと、どうにかなる超現象がある訳じゃないです。ひたすら他人が困るのが楽しいんです。どれ程迷惑か、は理解出来ません。怒られると、やーい!やーい!と喜ぶ悪ガキがいますね?悪ガキは力は大してありませんし、知力も大人程ではないし、一応は子供なりの常識があります。ですから、それほど大した事はな
いのです。

知力障害のある人は、能力に凸凹があり過ぎる。特に行動障害に繋がる事は、乱暴に言えば、親の躾のせいです。子供でも要求がとおらなければ、暴れたり、泣いたりすれば思い通りになる事を知っています。知力障害のある子供も知っています。ここが正念場なんです。思春期過ぎて、青年期過ぎると、そろそろ自己実現が出来上が
ってしまいます。性根に染み付いてしまうんです。ちょっと気に入らない事があると、青年期の有り余る体力で、爆裂的に、実に効果的に恐れを与える様に暴れます。

静かな行動障害の人もいます。本人はコミュニケーションのつもりか、力関係を示したいか、威力を鼓舞したいのか知りませんが、二の腕の内側とか、脇腹とか、人間の急所を狙って、確実にダメージを与えて来ます。

まるで猛獣か戦士です。知力に障害がありますから、年が上がるにつれて、完全に猛獣化します。

私のプロとしての私見では、30歳くらいが限界でしょうね。それまでに何とかプロが入らないと、猛獣化した知力障害のある人は、何をしでかすか、分かりません。

ギャンブル、性犯罪なんかにも、同じ様な事があります。風俗業で働いている女性のかなりの割合は、軽い知力障害があるのでは?と言われます。多重債務者の中にも、かなりの割合で、知力障害のある人がいます。この豊かな日本の裏の顔です。

同様に、すぐキレて暴れて、と言う迷惑な乱暴ものが、実は知力に障害があった、等と言うのは日常茶飯事です。

障害のある人は瞳が澄んでいる、なんて、誰が言ったんでしょ。人はみんな同じです。良いところあり、ダメなところあり、でも学ぶので常識を身に付ける事が出来るので、他の動物とは違う。

狼に育てられたら、狼になるんですよ。生きる為だけに餌を取って生きる。

行動障害顕著な人は、ある年代迄は、わがままが何でも通り、いやな事があれば、暴れたり、人を傷つけたり、ものを壊したりすれば、思い通りになるので、天国です。ある意味動物と同じです。

ところが。

行動障害顕著な人は動物か、と言うと、動物じゃありません。人の心があります。心の平安が得られず、不安に刈られます。ますます不安を紛らす為、人との接点を得る為、不穏な行動に出ます。

やがて。
どこの施設からも入所を断られる野獣の様な存在になってしまいます。中年にでもなってしまっていると、人生の再構築をするのが、物凄く困難になります。

ホームに昨年入居したワンピースさんは、あと5年放置していたら、行動障害顕著になっていたかも知れません。ホームに来て1年。勿論本人の根幹は、人が嫌がる事をすれば、自分のわがままが通って楽しい、と言う事です。

毎日ホームで暮らしていると、本人が何かを学ぶみたいで、今は行動障害顕著の兆候はありません。本人の中から取り去るには、まだまだ時間がかかりますがね。

明日のガイドヘルプの方は、まだ20代だと思いますが、本人がお母さんを挌下に位置つけていますし、在宅ですから、このまま猛獣街道まっしぐら、かも知れませんね。

野獣になってしまうと、人生に枷がはまります。社会の迷惑になるので、行ける場所、出来る事が限られてきます。わがまま放題の人生は決して幸せには繋がりません。

ですから、私達プロは必死なんですが、ガイドヘルプ程度の関わりの場合、その方の人生に踏み込んでいくのが難しいので、ため息つく事、良くありますよ。

怪我はね。なるべくしてはいけないんです。噛みついたり、つねったり、散々攻撃してくる人も居ます。怪我をすると、その方におかしな達成感と満足を与えてしまいます。人を傷つけたり困らせたりする事が楽しくて嬉しい価値観、ひっくり返してやらなきちゃなりません。

どこかに閉じ込めて、と言う、昔の感覚じゃないですよ。同じ人間同士、普通に一緒に暮らしたいんです。だから必要な時は躾もします。継続的に支援が出来れば少しずつでも効果があり、それが利用者の視野と人生と可能性を広げます。

何でも出来る。この簡単な事が実現出来ない彼らは、実現出来た幸せを知らないんです。

明日はガイドヘルプです。かなり行動障害顕著な若者な訳で、さて、どう構成しようか、今、悩んでいます。

お母さんの印象的な言葉があります。その方がある事で、法人の職員に襲い掛かり、ひっかき、爪を立て、噛みつき、怪我をさせた時の事でした。お母さんが謝罪に見えた時に、たまたま事務所にいたんです。

「何々の為に、こういう事をしてしまい、職員さんを強く押さえてしまって云々」

押さえた訳じゃありません。襲い掛かり、ひっかき、噛みついた訳ですな。でも押さえたとわざわざ言うご家族の気持ちは分かります。加えて、この言葉が出る以上、利用者さんの行動障害顕著は治らないだろう、とも思います。

同じ人間同士、何とかしたいと微力ながら思ったりするんです。

難しいです。本当に。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック