bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



デジレル
デジレルと言う抗うつ剤があります。

不規則な夜勤生活ですから、睡眠管理が必要です。元々睡眠障害ですし。

ずっと半減時間が長いタイプのと、短いタイプのをカクテルして使ってました。でも最近半年くらい?自宅で寝ても、睡眠が持続しません。3時間もたずに目覚めてしまいます。一晩に何回も目覚めます。疲れが取れません。

精神科の医師に相談したら、前回は夜勤中の為に、抗不安薬を入れてくれました。夜勤中眠れませんから、大分仕事が楽になり、睡眠薬も減りました。今回は自宅で寝る時の為に、デジレルを入れてくれました。

デジレルは抗うつ剤ですが、寝る少し前に飲むと、熟睡を導いてくれる場合があります。以前は使っていたのですが、ある時期から理由は忘れましたけど、中止していました。半減時間長いタイプの睡眠薬で大丈夫と思ったのかな?

意外に知られていない事ですが、睡眠薬は睡眠を深くする事は出来ないんです。寧ろ浅くなります。自力で深い睡眠を得られる人は大丈夫ですが、私の様に不規則夜勤に、元々睡眠を深くする能力がないヤツは、結構深刻です。代わりに持続が得られるので良しとする訳ですが、生憎今の私は持続も得られていません。

と言う訳で、医師がデジレルを戻してくれました。当たりました。自宅で寝る時の睡眠薬の量が半減しました。

代わりに夜勤中は抗不安薬、自宅ではデジレルが入っているので、量としては変わらないし、種類は増えてしまいましたが、同じ分量飲むなら、効果的な方が良いです。

どなたの浅い睡眠にもデジレルが効くかどうか、は、私は医師ではないので分かりませんが、こんなケースもある、と言う事で、どなたかのご参考になれば、と書きました。

数々の精神薬を飲んでいますし、一時かなり量も種類も減ったのですが、ここしばらくひとつのミリ数は減りましたけれど、種類が増えています。責任も仕事の忙しさも段々増してきていると言う事ですかね。私の元々の精神疾患は、コントロールは出来ますが、この仕事を続けている限り、全快は難しいように思います。

精神科の医師にも、薬を使うタイプの医師と、使わずに何とかするタイプの医師がいるみたいです。薬を使うタイプの医師には、とにかく量を出すタイプと、かなり細かく考えて出すタイプがいるような。大量に出すタイプの医師には、余り上手でない医師もいるみたいです。

幸いにして、私の主治医は薬を細かく考えて出すタイプの医師みたいで、困っている事を相談すると、大抵何とかしてくれます。大量に出る事は、私が希望しない限りはなくて、小さい容量の薬をうまく配置してくれます。この医師がいなかったら、私は社会復帰していなかったかも知れません。症状が悪かった長い時期を知っている
人は、私の性格が変わった、別人になった、と言います。それほど的確な精神科医療は効果がある、と言う事だと思っています。

医者と薬はないに越した事はありませんが、生活に支障がある程お困りの方は、精神科のかかりつけ、ホームドクターを持たれるのも良いかも知れません。

介護、福祉の仕事は、現場も相談職もコーディネートもかなりストレス溜める商売です。現場はこれに不規則な生活が加わります。だから3Kでして、加えて給料が安い。好きじゃないと勤まりません。好きでもストレスは溜まります。

自分が健康でないと、良い支援は出来ないので、一病息災で、何とかやっていこうと思っています。


まあ、私の場合は、病はひとつではないんで、それが頭の痛いところですが、病だらけの私でも、今年で知的障害者の方の為の仕事は、9年目になりますから、普通の方は大丈夫でしょう。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック