bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



カフェインレス
先日、保護者懇談会がありました。その中で、ワンピースさんの保護者の方から、ご要望。

コーヒーをやめさせて欲しい。

あらら。困りました。

ワンピースさんは飲み物を聞けば、必ず、カフェオレ、と言います。何かあると要求します。が、ホームはプロがやっていますから、馬にやる程飲む訳ではありません。他の利用者の方も1日数杯は飲みますし、寛ぎの一時にもなっています。

コーヒーさん、は、コーヒー好きなので、コーヒーさんとあだ名しています。ホームにきたばかりの頃は1日10杯近く飲みました。作るだけで飲まない時も良くありました。刺激物であり、間がもたない時の手段なんでしょうね。今はそれほど飲みません。

みなさん1日3~4杯でしょう。ごく普通だと思います。

が。ワンピースさんの保護者の方は心配します。ワンピースさんは精神薬を飲んでいるので、医者からコーヒーは禁止と言われているとか。カフェイン入った飲み物、他に幾らでもあります。入っていないのは、麦茶くらいですかね?紅茶、緑茶、烏龍茶、普段、お茶として飲む様なものには、大体同じくらいの量のカフェインが入っ
ています。コーヒーだけにカフェインが入っている訳ではありません。でもカフェインと言うと、大抵コーヒーが悪者になります。

他の利用者の方と同じ程度しか飲んでいないし、カフェインは他のものにも含まれている訳ですから、コーヒー禁止には意味がないのですが。

心配だ、と言う保護者の方の気持ちは尊重しないとダメです。他の利用者の方が普通に飲むのですし、ワンピースさんはコーヒーが好きなので、禁止には出来ません。ワンピースさんの心が壊れてしまいます。カフェイン入っていないもの、と言えば、ジュース等の甘いものになります。甘い飲み物はこれはこれで、かなり問題ありま
す。特にうちは、のんびりさんが糖尿ですから、甘い飲み物は隠して提供しないといけません。何らかの形で、ワンピースさんにも、のんびりさんにも、いつかバレます。差をつけている事がバレると、後始末が大変です。甘いジュースの提供は無理です。

考えあぐねて、カフェインレスのインスタントコーヒーを探しあてました。近所のスーパーに一種類だけありました。

買いました。

それは良いのですが、カフェインレスは高いのです。普段、ホームで使っているものの、四倍します。しかも健康被害がある訳でなく、はっきり言えば、ワンピースさんの保護者の方の感性のお話です。

話は単純にしました。ワンピースさん専用にして、本人の小遣いで買います。一般のコーヒーはホームの経費で買いますが、これはワンピース固有のニーズですから。

まあ。

知的障害者の方は、自分で健康管理は出来ませんから、責任能力がない訳で、健常者なら自己責任ですが、彼らの場合は、管理者の責任です。確かに能力がない為に、何かの中毒の様になってしまう方もない訳じゃない。だから心配は分かるのですが、ワンピースさんは中毒状態ではないのです。

中毒状態で、と言う場合でも、本人固有のニーズで金額が張るもの、手間のかかるもの、は、実費取りますけどね。

実費取らずに現状のまま、でも、保護者には実態はバレない訳ですが、心配しているのに放置と言う訳にもいきません。例え、その心配が杞憂にして、配慮に効果がない、としても、です。今回のカフェインレスは、多分、無駄なお金と手間になりますが、それでもやらねばならぬ事はありますね。

新しく出来たホームの利用者さんも、コーヒー好きが多く、のべつまくなしに要求するようです。これはこれで、ちと問題がありまして、カフェイン中毒の話よりは、際限がない、我慢する事が出来ない、と言う話みたいです。

ただ、そちらの利用者さんは多量の精神薬を飲んでいて、行動障害顕著な方が多く、保護者の方も、支援者も心配、と言う事で、カフェインレスにした、と、聞きました。こちらは全体ニーズなので、ホームの経費で出しているようです。

あちらを立てれば、こちらが立ちませんが、少なくとも可能な配慮はちゃんとやらないと不審感が生まれます。見えないからこそ、ちゃんとやらないといけません。

面倒は面倒ですが、仕事ですからね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック