bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お花見終了しました
お花見は無事終了しました。
残念ながら、桜の写真がありません。忙しくて写真撮る暇がなかったんです。

本日の利用者さんは、障害程度区分6で、行動援護付きの方と聞いたのですが、職員仲間に聞くと、なんで6で行動援護付きなのか分からない という事。非常に手がかからないおとなしい方と言う事のようです。

ふむ。

お母さんとの打ち合わせでご自宅に迎えに行く事になりましたので、お迎えに行って、ごあいさつをしてさあて、出かけると。

さかんに×印をしています。どうもよろしくないと思う事、正義感に照らして駄目だと思う事があると、×印を示すらしい。

なんだろう?
私が×印のはずなので、良く様子を見て、話を聞いてみました。あ。本人は言語はありません。ジェスチャー等でかなり分かりやすく表現できる人です。

ジャンパーのジッパーがあがっていない
腕時計を右腕にしている
マスクをしている
カバンの留め金をかけていない

の4つが×印だとわかりました。

ジャンパーのジッパーは金具が壊れているので、上げられないです。
腕時計は趣味ですから、もう面倒なので、その場で左腕に変えました。
カバンの留め金は掛けておくと使いにくいんです。
面倒ですから、かけましたよ。
マスクは花粉症ですから、かけていないとえらい事になる。一つくらい×印を実現しなくても良いだろうと思い、「これはお医者さんに言われたからだめ。」と言って、さかんに×印をするのに、私はさかんに○印を返してみました。

障害程度区分6は、ちょっとわかるような気もしないでもなかったです。
初対面の人のまず、間違い、あらさがしをするのですね。で、それが訂正されないと不穏になる。不穏と言ってもひどいものではありませんが、しばらくは落ち着かない。自分の正義感だけで生きているのは、確かに行動援護が必要と言えない事もありませんかね。

しばらく一緒に歩いて、いろいろ要所要所で説明してみなさんのグループに合流する頃には、かなり緊張もほぐれたようです。帰る頃には私、腕時計もカバンの留め金も全部いつもの自分のように直してしまったのですが、ごちゃごちゃ言いませんでした。

慣れてくれば と言って、ほんの数時間でなれるのですから、行動援護なのかどうか、6なのかどうか、ちと思案するところですけれど。
ごくたまにパニックを起こすような人、普段は何事もない様な人でも、ちょっとパニックが続くと親御さんが申請し直すのかな?行動援護つけてくる人、結構います。自閉症系統の方が多いですね。不安なのかな?親御さんは?わかりません。

うちのホームもコーヒーさんだけ行動援護がついています。コーヒーさん、とても人懐こい人で、行動援護必要かしら?と思う事も良くあるのですが、私が介護屋だから行動援護要らないのでは?と思うだけで、一般の方、もしくはこの商売に入ったばかりの方にとってみれば、やっぱり行動援護は必要なのかもしれません。

行動援護=行動障害のある人 ではないようで、出来ればいわゆる行動障害顕著の人の認定は分けてほしいなと思いますが、現状はみんな行動援護で一緒みたいです。

うちの殿様、行動援護ついていません。移動の介助ありでしかないんです。でも、殿様は、静かにいつの間にかいなくなってしまう という特徴がありますから、私に言わせればこの人、行動援護つけてほしいです。おとなしい人だと行動援護つきにくいですね。行動やパフォーマンスが派手な人にはすぐ付くようです。

まあ、さておき。

桜の花は実は五分咲きくらいでした。うちのマンションの駅前にも結構桜並木があるのですが、こちらは満開に近いです。基地の跡地の公園も満開だろうと思って行ったのですが、満開だったのは、菜の花でした。
あ。面白い菜の花がありました。薄いピンク色と白の混合の菜の花。少量しかありませんでしたけど。
あとはチューリップやら、菫草やらはたくさん咲いていました。

総勢60人くらいで何をやるのか と思ったら、実は大した事はなくてお弁当を食べて、気のある人だけちょっとボールゲームをしただけです。こういうイベントって、物品は用意してあったりしますが、ソフトの部分が大抵欠如しているので、それに知的障害者の方をたとえば、30人ずつチームに分けて、統一したゲームをするというのは、無理ですから、なかなか企画通りにはいかず難しいものですね。

仕方ないので、多少は動ける人、多少はアッピールの出来る人を集めてきて、ボール投げをして遊びました。
障害者の方、自分からボールは取りに行きません。もう子供のころからそういう習慣なんでしょうね。かなり軽い人は、取りに行く努力をしますけど。
それからあさっての方向にしか投げられない人多いです。
よって、走り回るのは、支援者と言う事になり、障害者の方ご本人たちの運動にはちっともならないのが普通です。

ま、イベントですから、構わないのですが。
それなりにみなさん芝生でお弁当を食べて満足されたようで良かったです。

明日が休みで助かりました。
明日仕事だったら、身動き出来ません。
昨夜眠るのにえらい苦労していますし、歩き回り、走り回りボロボロです。夕飯は16時半ころ、帰り道に食べてきました。自宅に帰ってしたくして食べて、って、面倒くさいです。仕事の時は、もう何もしない事にしています。

帰ってそのまま風呂に入って、歯磨きをして、いつでも寝てしまって大丈夫なようになっています。これから電灯消して寝てしまいます。夜中には目が覚めるので、そこで家計簿付けたり、仕事の書類を作ったりするつもりです。

緊張体質の私は運動というか、まあ、歩いたりして疲れると体は弛緩しません。緊張します。バリバリになります。なので、ほぐさないと眠れないんですねぇ。これから電灯消してほぐさなくちゃ。ほぐれないといつまでたっても眠れません。

だから、お出かけの付き添いはキライなんですが、仕事なので、そうも言えないところが困ります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック