bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



選挙
本日、郵便事故で遅れていた、コーヒーさんの投票券が届きました。早速ご自宅に電話して打ち合わせ。取りに来て下さる事になりました。

取りにきた、その足で不在者投票に行ったそうです。
コーヒーさんは文字は書けません。ですから白票を入れるしかないと思っていましたし、それでも体験して欲しいと思って、ご家族にアドバイスしたんです。

ところが。

コーヒーさん、見事に有効票を入れてきました。

良く聞いてみると、選挙管理委員会の係員の方がいますでしょう?家族や支援者は代筆出来ませんが、選挙管理委員会係員の方は代理で投票が出来るんです。

知りませんでした。

言語を話す事も出来ないコーヒーさん、一体どうやって代理で投票して貰ったのかと思いましたら。

指差しをしたのだそうです。指差しで示す様に、係員の方が支援して下さったとか。

なるほど。

手の効かない方、言葉を発する事が出来ない方もありますよね。点字があるのは知っていたのですが、指差しは想像もつきませんでした。勿論、言葉を発して示すのも有効だと思います。多分ね。怪我で手が使えなくても投票出来る筈ですし、身体に障害のある方でも投票出来ます。

惜しむらくは、何らかの形で投票所に行かないと、投票出来ない事。郵便や在宅での投票はまだ出来ない筈です。以前、全身麻痺のある方の居宅支援をしていた時、その方は体力的に不在者投票所迄行けなくて、投票は断念されていました。5年くらい前の事ですから、まだ出来る様になっていない様な気がします。なっていたら画期的
。素敵な事と言うか、まあ、当たり前の事ですが。

で、勿論コーヒーさんは、候補者の理論を理解して投票した訳ではありません。何となく指差ししただけです。でもね。それで良いと思います。私達、候補者の演説会や広報を充分検討比較して投票していますか?胸に手を当ててみると答えは明白です。

コーヒーさんは、確かに自らの意思で指差しをしたのです。選んだのです。その一票は有効だと思います。例え体勢に影響を与えない、としても、です。

お母さんと電話でお話して、初めて、コーヒーさんが有効な一票を投じた事を知り、本当に嬉しかったです。本人も投票箱に用紙を入れて、得意満面だったそうで、帰り道には大好きな菓子パンを買って貰ったそうですよ。

お母さんが、投票出来ないと思っていた、今まで20年以上無駄にしていた、投票させて良かった、と言って下さいました。

理事長に報告しました。喜んでくれたのですが、現実を教えてくれて唖然としました。

法的な後見人がつくと、選挙権は剥奪されます。本人に能力がない、と見なされるらしいです。

後見人と言うのは、判断能力に難しい事がある方が、世間の荒波を被って不利益を受けない様に設定されるものでしょう?本人が自己主張出来る部分に於いては、本人が尊重されるべきですよね。

残念ながら、現在の選挙の制度では、後見人がつくと、投票券は郵送されて来ないそうです。勿論選挙人名簿にも載らないので、投票は出来なくなります。悲しい事です。

うちの利用者は、将来的には必ず後見人が必要な人達です。ごく数年の内に後見人を選定する必要に迫られています。選挙の為に選定しない、と言うにはリスクが大きすぎます。

あと何回投票出来るか、分かりませんが、出来る間は毎回何とかして投票させてやりたいと思っています。

前回の選挙の時迄は、四名のうち、投票する方は一名だけでした。自分である程度選んで、文字で書ける能力のある方です。

今回、白票でも良いから体験しましょう、と提案した事で、合計三名の方が投票します。限定的ではありますが、現行法の中で可能な限りの支援は、選挙管理委員会がしてくれます。

どうせ無理だ、と、考えず、どうか皆様が支援されている利用者の方、又、知的に障害を持たれたご家族の方に、選挙を体験させてあげて下さい。

例え、崇高な選挙理念がなくても、体験から得るものは非常に大きいです。テレビニュースで当選発表があった時に話題にすれば、本人にも現実味が分かります。

勿論、支援者、ご家族、ご自身も、自分が持つ一票の重さを大切にすべき事は言う迄もありません。

私も時間を見つけて、不在者投票に行って来ます。利用者に負けてはいられませんから。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック